ダメージヘアの豆知識

ダメージヘア関連コラム | ダメージヘアの補修ガイド記事一覧

縮毛矯正後にダメージヘアにならないようにするには?縮毛矯正は、薬剤で髪のキューティクルを一旦全部剥がし、そのあと熱で髪の毛をまっすぐにして、それから別の薬剤で髪を固めます。見た目はキレイになっても、無理やり直毛にしてツヤを出しているので、髪はボロボロです。縮毛矯正後は特にケアを入念に行わないと、あっという間にダメージヘアになってしまいます。縮毛矯正後のヘアケア施術後24時間〜48時間で化学反応が治...

パーマはカールを維持できる施術として非常に人気があります。しかし、パーマは髪の内部に働きかけるのでダメージが非常に起こりやすい施術です。パーマの薬剤はほとんどの場合薬液が2種類に分かれます。化学に複雑なことを行っているのですが、簡単にいえば1つ目の薬剤を髪に塗布することで髪のコーティングや表面を覆っている組織を分解し、2つ目の薬液でカールした状態で髪の毛を固定し髪の毛を形成している組織をくっつける...

ダメージヘアを気にせずいろんな髪型を楽しみたいなら…ダメージヘアがひどくなると、髪はパサついてゴワついてツヤもなくなって、どんな髪型にしても、なんだか汚らしく見えてしまいます。自分なりにアレンジして、どうにかぴったりのヘアスタイルを見つけようと試行錯誤したくなりますが、ちょっと待ってください!ダメージヘアは、ヘアスタイルをアレンジすればするほど悪化します。髪や頭皮に負担のかかる髪型を続けていては、...

髪の毛がなかなか乾かないことで、毎日、イライラを感じているという女性は少なくありません。特に、髪の毛にひどいダメージを抱えている方やダメージヘアを間違った方法でケアしている方は、当然、元気な髪の人よりも乾きにくい状態と言えます。※当サイトでは、「傷みの激しい髪、乾燥してパサパサ、枝毛や切れ毛が多い、濡れるとぺたんこになる」などの髪の状態をまとめてダメージヘアと呼んでいます。そもそも、ダメージヘアの...

ダメージヘアを切るしかない場合は限られます髪の毛には自己再生能力がありません。ですから、一度傷んでしまった髪を元の状態に戻すことは不可能なのです。そのため、「ダメージヘアは切るしかない」と思われがち。でも、傷んだ部分をカットして見た目や肌ざわりは良くなっても、根本的な解決にはなりません。むしろ、一時的に見た目が良くなってしまうことによって、あたかも「ダメージヘアが治ったかのように」錯覚し、ヘアケア...

ダメージヘアは切らなくてもキレイにできる?結論:切らずに見た目をキレイにするのは不可能 一度傷ついてしまった髪の毛は二度と元通りにはなりません。髪は肌のように細胞が生まれ変わらず、傷が一切修復されないからです。ロングヘアの方は抵抗があるかもしれませんが、毛先だけでも切ってしまうのが一番手っ取り早い方法。傷んだ毛先を切るだけでも、見た目はだいぶよくなりますよ。「どうしても切りたくない!」というあなた...

市販シャンプーとサロンシャンプーの違い市販シャンプーは、スーパーやドラッグストアなどで通常購入できるものの総称です。サロンシャンプーは、一般的には美容室で美容師が専門的に使うものを指します。が、市販シャンプーとの区別を分かりやすくするために、当サイトでは通信販売のみで購入できるシャンプーのことと定義します。ダメージヘア予防&対策に最適なのはどちらのシャンプーでしょうか。また、自分にピッタリのシャン...

石鹸や石鹸と同様の成分を主成分とした石鹸シャンプー。このシャンプーで髪の毛を洗うことでの評判が、最近高まっています。一体、どんな効果があるのでしょうか。そもそも石鹸の主成分とは、石けん素地に石けん分、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムなどで石鹸や石鹸シャンプーとはこれらを主成分として含むものを指します。このような商品を利用することの最大のメリットは低刺激であることと安全性です。石鹸は、古くからあるも...

抜け毛の原因はさまざま抜け毛は、それだけでも気になって仕方ないものですが、何も対策せずに放置したままだと、ひどいときには「禿げ」てしまいます。若い女性でも抜け毛に悩む方が増えてきている昨今。なるべく早く抜け毛の兆候を見つけて、手遅れになる前に適切な対策をしましょう。抜け毛が始まるサイン最近、髪のボリュームが明らかに減った最近、髪の毛が細くなった気がする最近、シャンプー時やブラッシング時に抜け毛が増...

ダメージヘアになると白髪が増えやすくなる「最近、白髪が増えてきた…」「まだ白髪に悩むような歳じゃないのに!」と困っていませんか?実は、白髪が増えるのはダメージヘアと深い関係があるんです。白髪の増える原因とダメージヘアになる原因を見てみましょう。白髪の原因ストレス紫外線生活習慣の乱れ(運動不足・睡眠不足・栄養不足など)老化ダメージヘアの原因ストレス紫外線生活習慣の乱れパーマやカラーのし過ぎほぼ共通し...

冬はダメージヘアになりやすい季節です。それには原因が多くありますが、全てが冬特有の気候が影響しています。日本の四季は素晴らしいものですが、日本人は四季それぞれの気候にあったケアを考えなければなりません。冬の特徴は、乾燥です。ダメージヘアの原因のひとつです。空気が乾燥していると、髪の毛も乾燥しやすくなります。しかし、冬はそれだけではありません。静電気も発生します。髪の毛に静電気が発生すると、髪の毛が...