ダメージヘア サロンシャンプーの方が良い?

市販のシャンプーとサロンシャンプーの違い

美容院でシャンプーをしてもらうと、シャンプーだけで非常に気持ち良いしサラサラになるのを実感しますよね。ではダメージヘアには、サロンシャンプーの方が良い?そんな疑問も生まれるのも当然でしょう。

 

まず美容師さんの基本はシャンプーです。多くの美容室で、新人はシャンプーだけで1日を過ごしているのを見たことがないでしょうか。髪の毛のケアの基本であるシャンプーをすることで美容師は知識をつけ、成長していくのです。長い人であれば、ハサミをもつまでに7,8年かかる世界です。髪の毛に対する基礎知識がいかに大切かどうかがわかります。

 

サロンのシャンプーも今では市販されているものや美容院で購入できるものが増えてきました。そういうものを使ってサロンでの仕上がりを家でも、と思う人も多くいるでしょう。もちろん、その考え方は正解です。市販されているシャンプーは、サロンシャンプーに比べて値段が安いですよね。その理由は、効果のある成分を使っている場合でも、費用を抑えるためにほかの成分を使ったりしているそうです。ノンシリコンシャンプーが良い例で、シャンプーにはシリコンを使っていなくても同一ラインのトリートメントにはシリコンを使っています。その方がサラサラ感が持続するので“良いシャンプー”として売れるからです。そういった面は、サロンシャンプーは割としっかりしているものが多く、美容師の正しい知識とほかのトリートメントの組み合わせで髪の毛をキレイに見せる力を持っているので本来の髪に優しいものを使っている傾向があります。

 

ただし、先ほども言ったようにサロンシャンプーはその使い方や知識によっても効果が大きく変わってきます。だから、美容師さんは最初のころシャンプーばかりを練習しているのです。もし正しい使い方を市販のシャンプーでするのと、間違った使い方をサロンシャンプーでするのでは市販の方が良いかもしれません。

 

サロンシャンプーの特徴は、自分で美容院で行ったケアを維持できるようなものを選んでくれている事です。そういう意味でダメージがつきにくいケア方法のアドバイスをしてもらい、製品を選ぶようにしましょう。