冬 ダメージヘア

冬の髪の毛対策

冬はダメージヘアになりやすい季節です。それには原因が多くありますが、全てが冬特有の気候が影響しています。日本の四季は素晴らしいものですが、日本人は四季それぞれの気候にあったケアを考えなければなりません。

 

冬の特徴は、乾燥です。ダメージヘアの原因のひとつです。空気が乾燥していると、髪の毛も乾燥しやすくなります。しかし、冬はそれだけではありません。静電気も発生します。髪の毛に静電気が発生すると、髪の毛が非常に広がりやすくなります。静電気は何気ない日常で発生してしまう厄介なものですよね。

 

そもそも静電気はなぜ発生するのか。静電気は空気が乾燥することによって起こってしまう電気で、ほんの少し触ったり触れたりするように別の力が少しだけ加わることによって静電気はプラスの力を持っており、一度発生すると2万ボルトもの力を持っているとも言われています。昨今、マイナスイオンという言葉がよく知れ渡っており髪の毛にもマインスイオンが発生するドライヤーがいいと言われています。マイナスイオンが髪に良い理由は、髪自体がマイナスの力を持っているからなのです。同じ力を持つ成分のほうが髪に優しく使えるのです。

 

マイナスの性質をもつ髪の毛と、プラスの性質をもつ静電気がぶつかりあうと反発しあう力が生まれます。その反発しあう力によって、キューティクルが損傷してしまいます。これが冬の静電気が髪の毛に与えるダメージです。他にも、冬だから冷えないようにドライヤーをかけすぎたり、タオルでゴシゴシしすぎたりしやすい傾向があるようです。

 

こういったダメージの原因から防ぐためには、やはり1番が乾燥に打ち勝つことでしょう。髪の毛に油分や水分が足りないだけのドライヘアの状態であれば、日々のケアで十分に打ち勝つことができます。トリートメントなどのケアのほかに、冬場は部屋の湿度は30〜40%台以上に維持して乾燥しないようにしたり、くしをプラスチック製のものから静電気が発生しにくい木製のものに変えたりして環境にも工夫しましょう。

冬の髪の毛対策関連ページ

注意!縮毛矯正について
ひどいクセ毛だと縮毛矯正したくなりますよね。でも、縮毛矯正の髪に与えるダメージってとんでもなく大きいんです。あっという間にダメージヘアになってしまうほど。ですから、縮毛矯正後は入念にケアを行わなければなりません。その方法を解説します。
パーマがダメージヘアの原因になるかも?!
ダメージヘアを作りにくい髪型
ダメージヘアがあると、どんな髪型もしっくりこないですよね。いろんなアレンジを試みても改善されません。それもそのはず、ダメージヘアはヘアスタイルをアレンジするほど悪化してしまうのですから。髪を傷めない髪型とは?
髪の毛(ダメージヘア)が乾きにくいのはなぜ?
ダメージヘアは切る(カットする)しかない…?
ダメージヘアをなくすには切るしかないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。ヘアケアを徹底することで、将来的にツヤのあるキレイな髪を取り戻すことができます。傷んだ髪を切ることは一時的な対処法でしかないのです。
ダメージヘアが見つかった!でも、髪を切りたくないときは…
ダメージヘアはとくに毛先が目立ちます。でも、切りたくない方も多いはず。今すぐに見た目をキレイにする必要がない場合は、切らなくても問題ないかもしれません。しかし、今すぐにダメージヘアを改善するには、やっぱり、切るしかないのです。
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは?
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは、一言でいえば「品質」です。ダメージヘアを予防&対策するなら高品質のサロンシャンプーを選びましょう。低品質の市販シャンプーでは、ダメージヘアがどんどん悪化していく恐れもありますから。
髪に良い石鹸シャンプーとは?
ダメージヘアは抜け毛の原因のひとつ!
抜け毛に悩む女性のほとんどがダメージヘアになっているorなりかけていることを知っていますか?抜け毛をなくすにはまず、ダメージヘアを改善することを優先しましょう。毎日丁寧なヘアケアを心掛ければ、自然と抜け毛に困らなくなるはずです。
ダメージヘアをなくせば白髪もなくせる!
白髪に悩み始めた方のほとんどがダメージヘアになっています。つまり、ダメージヘアを改善することができれば、白髪もなくすことができるのです。最近、白髪が増えてきたなと感じたら、ダメージヘア対策を始めてみましょう。