ダメージヘア 切りたくない

ダメージヘアが見つかった!でも、髪を切りたくないときは…

ダメージヘアでも切りたくない

ダメージヘアは切らなくてもキレイにできる?

 

結論:切らずに見た目をキレイにするのは不可能

一度傷ついてしまった髪の毛は二度と元通りにはなりません。
髪は肌のように細胞が生まれ変わらず、傷が一切修復されないからです。

 

ロングヘアの方は抵抗があるかもしれませんが、毛先だけでも切ってしまうのが一番手っ取り早い方法。傷んだ毛先を切るだけでも、見た目はだいぶよくなりますよ。

 

「どうしても切りたくない!」というあなたも諦めましょう。
仕方がないのです。ヘアケアを疎かにしてきたことを反省して、次に活かすしかありません。
切ったほうがそのまま伸ばすよりも確実に見た目はキレイになりますし。

 

日常のちょっとしたことでもダメージを受けるのが髪。
そのたびにしっかりケアしなければ、ダメージはどんどん積み重なっていって、手遅れになってしまいます。

 

だから、ダメージヘアで困らなくていいようにするには、毎日きちんとした予防と対策を徹底するしかありません
ケアを継続してようやく現状維持できるのです。

 

すでに傷んでどうしようもない髪のことよりも、“これから生えてくる髪”に目を向けましょう。

 

対策をしなければまた同じことの繰り返しになってしまうだけですし、歳をとるほどキレイな髪は生えにくくなってきます。

 

日々の心掛け次第では、いくらでもキレイな髪を取り戻すことができます。
過去にこだわるよりもこれからのヘアケアに注力してください。

 

 

“これから生えてくる髪”のためのダメージヘア予防&対策方法

ダメージヘア予防&対策

  • 髪の洗い方を変えてみる
  • 洗髪するたびに髪を傷めてしまっていませんか?
    少しだけ手間をかけて洗うだけで、まったく仕上がりになります。
    シャンプーとトリートメントは非常に重要です。こだわって選びましょう。

  • 髪の乾かし方を変える
  • これも洗髪と同じくらい大切。毎日絶対に行なうことですからね。
    きちんとした乾かし方でないと髪は傷んでしまうだけ。
    ドライヤーは正しく使いましょう。

  • カラーやヘアアイロンはしない
  • どんなにケアしてもかばい切れないくらい髪が傷みます。
    将来的に髪を切りたくないなら、やめておくべきです。

  • 紫外線対策を徹底する
  • 肌と同じように髪の毛も日焼けします。
    特に夏の紫外線は、髪を一気に老化させるくらい危険です。

  • 生活習慣を改善する
  • 睡眠不足・栄養不足・運動不足・ストレスは、ダメージヘアの大きな要因となります。規則正しい生活を心掛けましょう。

 

このように、ダメージヘア予防&対策で大事なのは「ホームケア」です。
自宅でのヘアケアが髪の状態を大きく左右します。
今一度、ホームケアを見直して、適切なダメージヘア予防&対策しましょう。

 

 

より詳しいホームケアの方法はこちらで解説しています
ダメージヘアの改善はホームケアで9割決まる!

 

こちらも参考にしてください
ダメージヘアは切る(カットする)しかない…?そんなことはありません!

 

 

ダメージヘアをなるべく早く改善するには

ダメージヘアを切りたくない方で、なるべく早く見た目をキレイにしたい場合は、外側から髪を修復してあげるしかありません

 

それができるのは、『アミノ酸系シャンプー』だけです。
髪の主成分であるたんぱく質(アミノ酸)を補い、潤いを与えてくれます。

 

ダメージヘアの改善は、基本的に内側からでないと効果がないですが、アミノ酸系シャンプーを使って外側からもケアすることで、より効率良くなります。

 

成分にこだわるならこちらの『ハーブガーデンシャンプー』
ハーブガーデンシャンプー
天然成分100%なので、肌が弱い方も安心。

 

髪を元気にするならこちらの『haru黒髪スカルプ・プロ』
haru黒髪スカルプ・プロ
髪・頭皮にアミノ酸を補充しつつ、エイジングケアできます。

ダメージヘアが見つかった!でも、髪を切りたくないときは…関連ページ

注意!縮毛矯正について
ひどいクセ毛だと縮毛矯正したくなりますよね。でも、縮毛矯正の髪に与えるダメージってとんでもなく大きいんです。あっという間にダメージヘアになってしまうほど。ですから、縮毛矯正後は入念にケアを行わなければなりません。その方法を解説します。
パーマがダメージヘアの原因になるかも?!
ダメージヘアを作りにくい髪型
ダメージヘアがあると、どんな髪型もしっくりこないですよね。いろんなアレンジを試みても改善されません。それもそのはず、ダメージヘアはヘアスタイルをアレンジするほど悪化してしまうのですから。髪を傷めない髪型とは?
髪の毛(ダメージヘア)が乾きにくいのはなぜ?
ダメージヘアは切る(カットする)しかない…?
ダメージヘアをなくすには切るしかないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。ヘアケアを徹底することで、将来的にツヤのあるキレイな髪を取り戻すことができます。傷んだ髪を切ることは一時的な対処法でしかないのです。
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは?
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは、一言でいえば「品質」です。ダメージヘアを予防&対策するなら高品質のサロンシャンプーを選びましょう。低品質の市販シャンプーでは、ダメージヘアがどんどん悪化していく恐れもありますから。
髪に良い石鹸シャンプーとは?
ダメージヘアは抜け毛の原因のひとつ!
抜け毛に悩む女性のほとんどがダメージヘアになっているorなりかけていることを知っていますか?抜け毛をなくすにはまず、ダメージヘアを改善することを優先しましょう。毎日丁寧なヘアケアを心掛ければ、自然と抜け毛に困らなくなるはずです。
ダメージヘアをなくせば白髪もなくせる!
白髪に悩み始めた方のほとんどがダメージヘアになっています。つまり、ダメージヘアを改善することができれば、白髪もなくすことができるのです。最近、白髪が増えてきたなと感じたら、ダメージヘア対策を始めてみましょう。
冬の髪の毛対策