ダメージヘア 切りたくない

ダメージヘアを切りたくない

髪の毛って平均して1ヵ月に1cm程度しか伸びないようですし、伸ばしているならどんなに痛んでいても切りたくないですよね。しかし、ダメージヘアは自己再生能力がないため、回復をさせることができません。ダメージは下から上にどんどん広がっていってしまうので適切なケアをしないと健康な髪の毛までもどんどん痛んでいってしまいます。その為、正直にいえば切ってしまうことが1番のトリートメントです。美容業界では髪の毛をキレイに伸ばすためには痛み始める毛先はミリ単位で切りながら伸ばしていくことが1番の方法であるとも考えられています。

 

それでも切りたくない場合はどうすべきか。それはやっぱりトリートメントでしかありません。髪の毛は自己回復能力がないといいましたが、適切なケアを行うことであたかも回復したように見せる事はできるし髪の毛を健康そうに見せることができるのです。その為に美容院で十分なトリートメントをすることも可能です。美容師は髪のプロです。髪のプロである美容師に適切な処理をしてもらったうえで、適切なホームケアを教えてもらうのが効率的な方法であるといえるでしょう。

 

しかし、美容院はやはりコストもかかりますよね。難しい場合、ホームケアでも髪の毛の見た目を改善することができます。まず、大切なのはシャンプーやトリートメントです。頭皮の汚れは健康な髪の毛に害を与えるし、毛先は必ずトリートメントで保護する必要があります。髪の毛の痛みは、表面がはがれおち内部が流れ出てスカスカになっていることが原因です。本来の髪同様の成分ではないですが、その“内部”や“表面”の代わりになるものを補給することができます。

 

それだけではなく、ヘアアイロンやドライヤーなどの熱を加える際はアウトバストリートメントなどで保護をするようにしましょう。熱は髪の毛を痛める大きな要因です。なるべく熱による負担が少なくなるように工夫する必要があります。