ダメージヘア 切るしかない?

ダメージヘアは切る(カットする)しかない?

ダメージヘアを切るかどうか考えている

ダメージヘアは切るしかない?この疑問の答えは決してイエスではありません。切らなくても何とかなる場合もあります。しかしながら、1番最高なトリートメントは切る事です。髪の毛は自己再生能力がありません。どんなに良いトリートメントなどを使っても、髪の表面がはがれキューティクルがボロボロ、そこから髪の内側の成分も流れでて内側もスカスカ、この状態を本来の髪の毛の状態に戻すのは不可能です。

 

髪の毛が1番健康な状態は、健康な毛根から生えてきた状態です。まったくダメージを受けていないのです。それに、痛んだ髪の毛はうまく伸びる事ができません。美容院に行くと毛先を少しずつカットされることがありませんか?これは痛んでいる部分は少し切る事で髪の毛をキレイに見せる事が出来、髪が伸びるスピードもあげることができるからです。切れ毛や枝毛など毛先におきるトラブルも全て除去することができます。

 

そういった理由からも髪の毛にとっての1番のトリートメントはカットです。その方法は美容師とよく相談が必要ですが、痛んだ髪の毛は痛んでいる少し上の部分からバッサリと切ってしまう事が一番のダメージの解決方法です。痛んでいる少し上から切る理由は、髪がまだ痛んでいない強い部分からのこしておくことで痛みにくく髪を伸ばしやすいからです。

 

トリートメントの基本は、ダメージヘアに対する予防です。痛んでしまってどうしようもない時は、髪の毛の見た目や手触りを改善して“マシ”にすることはできますが、ダメージヘアを完全になくすことは不可能です。切るしかないわけではないですが、切ってしまってまた理想の髪の毛に向けて頑張る方が、髪の毛はキレイになります。もし、カットをせずにダメージヘアと向き合うのであれば、十分なケアをするようにしてください。ダメージを受けた髪の毛はさらに痛みやすく、少しでも雑に扱うとどんどん痛みやすくなってしまいます。見た目や手触りを改善しても、髪の毛が弱っている事を忘れずダメージヘアと付き合ってください。