ダメージヘア 抜け毛

ダメージヘアは抜け毛の原因のひとつ!

抜け毛に悩む女性

抜け毛の原因はさまざま

 

抜け毛は、それだけでも気になって仕方ないものですが、何も対策せずに放置したままだと、ひどいときには「禿げ」てしまいます

 

若い女性でも抜け毛に悩む方が増えてきている昨今。

 

なるべく早く抜け毛の兆候を見つけて、手遅れになる前に適切な対策をしましょう。

 

抜け毛が始まるサイン
  • 最近、髪のボリュームが明らかに減った
  • 最近、髪の毛が細くなった気がする
  • 最近、シャンプー時やブラッシング時に抜け毛が増えた

 

抜け毛の原因【心当たりがありませんか?】

ストレス
これが抜け毛の最も多い原因。ここ最近、ストレスを溜めこみ過ぎていませんか?

 

パーマやカラーリングを頻繁にする
これらの施術は髪が大きく傷みます。トリートメントなどで保護してもまるで効果がないくらいのダメージです。

 

生活習慣が乱れている
栄養不足、睡眠不足、運動不足は厳禁です。抜け毛だけでなく、健康をあらゆる方面で損ないます。

 

紫外線を多く浴びる
夏や晴れの日に関係なく紫外線は大量に降り注いでいます。きちんと対策しないと髪や頭皮へのダメージは避けられません。

 

妊娠や出産
妊娠や出産による女性ホルモンの乱れが、頭皮の健康状態に影響することがあります。この時期は体全体がデリケートになっているので、より丁寧な対策を心掛けましょう。
ただ、普段通りの生活に戻れば自然と抜け毛は治ることが多いです。

 

抜け毛の予防&対策方法

抜け毛に驚く女性

 

抜け毛の原因をピンポイントで見つけて、的確に対処するのは非常に難しいです。

 

が、一つだけ確実に言えるのは、抜け毛に悩む方のほとんどが「ダメージヘアになっている、あるいは、なりかけている」こと

 

つまり、ダメージヘア対策を徹底すれば、抜け毛も改善していく訳です

 

抜け毛(ダメージヘア)の予防&対策
  • ストレスを発散する
  • ストレスは髪の毛の大敵です。貯めこみ過ぎないように定期的に発散しましょう。ウォーキングやジョギングがオススメです。

     

  • カラーリングやパーマ、ヘアアイロンはやめる
  • これらをしたままでは抜け毛とダメージヘアの改善はできません。

     

  • シャンプー&トリートメントを変えてみる
  • アミノ酸系シャンプーがオススメ。髪や頭皮に負担が少なく、髪に失われたアミノ酸を補充できるので、ダメージヘアに最適です。

     

  • 生活習慣を正す
  • 栄養バランスを考えた食事とまとまった質の高い睡眠時間、それから、定期的な運動。この3つを心掛ければ間違いありません。

     

  • UVケアをこまめにやる
  • 肌だけでなく髪も日焼けします。髪用のUVアイテムを使ったり日傘や帽子を使ったりして、できる限り髪に紫外線を当てないようにしましょう。

 

抜け毛で悩み過ぎないこと

 

抜け毛は、気にしすぎるとどんどん悪化してしまいます。

 

考え過ぎず悩み過ぎず、髪にとって良くない部分を少しずつ直していくことが大切です。

 

ダメージヘアはすぐに治るものではありません。
髪と体を思いやる丁寧なヘアケアを継続しましょう。

 

普段の「ホームケア」を充実させるにはこちら!
ダメージヘアの改善はホームケアで9割決まる!

 

 

ダメージヘアは抜け毛の原因のひとつ!関連ページ

注意!縮毛矯正について
ひどいクセ毛だと縮毛矯正したくなりますよね。でも、縮毛矯正の髪に与えるダメージってとんでもなく大きいんです。あっという間にダメージヘアになってしまうほど。ですから、縮毛矯正後は入念にケアを行わなければなりません。その方法を解説します。
パーマがダメージヘアの原因になるかも?!
ダメージヘアを作りにくい髪型
ダメージヘアがあると、どんな髪型もしっくりこないですよね。いろんなアレンジを試みても改善されません。それもそのはず、ダメージヘアはヘアスタイルをアレンジするほど悪化してしまうのですから。髪を傷めない髪型とは?
髪の毛(ダメージヘア)が乾きにくいのはなぜ?
ダメージヘアは切る(カットする)しかない…?
ダメージヘアをなくすには切るしかないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。ヘアケアを徹底することで、将来的にツヤのあるキレイな髪を取り戻すことができます。傷んだ髪を切ることは一時的な対処法でしかないのです。
ダメージヘアが見つかった!でも、髪を切りたくないときは…
ダメージヘアはとくに毛先が目立ちます。でも、切りたくない方も多いはず。今すぐに見た目をキレイにする必要がない場合は、切らなくても問題ないかもしれません。しかし、今すぐにダメージヘアを改善するには、やっぱり、切るしかないのです。
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは?
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは、一言でいえば「品質」です。ダメージヘアを予防&対策するなら高品質のサロンシャンプーを選びましょう。低品質の市販シャンプーでは、ダメージヘアがどんどん悪化していく恐れもありますから。
髪に良い石鹸シャンプーとは?
ダメージと白髪の関係
冬の髪の毛対策