ダメージヘア 抜け毛

ダメージと抜け毛の関係

女性でも抜け毛の悩みを抱えている人は多くいますが、これはどういった原因で起こるのでしょうか。抜け毛は頭皮のトラブルが原因となっている可能性が高いです。毛が生えてくるところの毛根が弱っていれば、毛は簡単に抜けてしまいます。頭皮が乾燥していたり、脂質がたまっていたり、汚れが詰まっていることが原因となり頭皮や毛根のトラブルが起こることが多いですが、ひどいダメージヘアの場合はダメージはどんどん下から上にあがっていくので頭皮にまで影響する場合があります。

 

基本的に、髪の毛のトラブルは髪質にアプローチするもの、抜け毛などの頭皮トラブルは頭皮にアプローチするシャンプーなどのケア用品を使うべきでしょう。根本の原因がそもそも違うからです。しかしながら、例えば紫外線。紫外線を受けると頭皮が真っ赤になり炎症を起こします。それが抜け毛の原因ともなりうるのです。それだけでなく、紫外線は髪の毛の水分をも奪っていきます。根本の本質が違うのでケア用品は変わってきますが、頭皮や髪の毛にダメージを与える要因となりうるものは両方に対して攻撃してくることも多々あります。そういった攻撃から髪を守る方法は十分に検討すべきです。

 

また髪の毛の成長や健康には日常生活も大きく関わってきます。抜け毛は頭皮が弱くなっている事やそもそも弱い毛しか生えないことに原因があります。それだけではなくもしかしたら男性ホルモンが強く働いている可能性があります。男性ホルモンは抜け毛を促すホルモンです。男性のように体を酷使してがむしゃらに働いていたり女性ホルモンのバランスが崩れると男性ホルモンが優位にたって抜け毛を促してしまっているかもしれません。

 

またバランスの良い食生活や十分な睡眠は確保できていますか。髪にまで食事からとる栄養が十分届いているでしょうか。寝ている間に分泌される成長ホルモンは確保できているでしょうか。そういったものは全て健康な髪の毛や頭皮や肌の水分バランスに影響します。そういった事を改善するだけで抜け毛が改善できた例も多くあります。