ダメージヘア 石鹸シャンプー

髪に良い石鹸シャンプーとは?

石鹸や石鹸と同様の成分を主成分とした石鹸シャンプー。このシャンプーで髪の毛を洗うことでの評判が、最近高まっています。一体、どんな効果があるのでしょうか。そもそも石鹸の主成分とは、石けん素地に石けん分、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムなどで石鹸や石鹸シャンプーとはこれらを主成分として含むものを指します。

 

このような商品を利用することの最大のメリットは低刺激であることと安全性です。石鹸は、古くからあるものでどんな人でも、どこでも使える万能商品です。天然成分で作られている事が多くアレルギー反応も起こりにくいとされています。石鹸の汚れを落とす仕組みは、簡単にいえば汚れ成分と結びつくことでそれ以上洗浄しないこと。洗浄力が強すぎる事なく、からだに必要なものは残して洗浄してくれます。こういった石鹸の力をシャンプーにも利用しているのです。

 

さらに石鹸シャンプーの力は頭皮の汚れを改善することに大きな力を発揮します。髪の毛は頭皮にある毛根から生えてきます。いくら毛先だけケアをしても頭皮や毛根が汚れていれば、次に生えてくる毛は健康なものではありません。既にできているダメージヘアに対しての改善効果というよりは、今後ダメージヘアをはやさないために効果を発揮します。そもそものシャンプーの役割は頭皮の汚れをとるもの。そういう点では、数多くシャンプーが開発されていますが、石鹸シャンプーはそもそものシャンプーの役割を十分に果たしているものです。

 

しかしデメリットはあります。石鹸はアルカリ性に傾きやすい傾向があります。アルカリ性の状態は、パーマやカラーリングの劣化を早めてしまうので効果を持続させにくくなってしまいます。カラーやパーマを繰り返し行っている人には不向きであるといえるでしょう。石鹸シャンプーが向いている人は低刺激で頭皮の健康を保ちたい人です。頭皮の健康は髪の毛の健康です。毛根が影響する髪の毛トラブルを持っている人にとっても効果的です。

髪に良い石鹸シャンプーとは?関連ページ

注意!縮毛矯正について
ひどいクセ毛だと縮毛矯正したくなりますよね。でも、縮毛矯正の髪に与えるダメージってとんでもなく大きいんです。あっという間にダメージヘアになってしまうほど。ですから、縮毛矯正後は入念にケアを行わなければなりません。その方法を解説します。
パーマがダメージヘアの原因になるかも?!
ダメージヘアを作りにくい髪型
ダメージヘアがあると、どんな髪型もしっくりこないですよね。いろんなアレンジを試みても改善されません。それもそのはず、ダメージヘアはヘアスタイルをアレンジするほど悪化してしまうのですから。髪を傷めない髪型とは?
髪の毛(ダメージヘア)が乾きにくいのはなぜ?
ダメージヘアは切る(カットする)しかない…?
ダメージヘアをなくすには切るしかないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。ヘアケアを徹底することで、将来的にツヤのあるキレイな髪を取り戻すことができます。傷んだ髪を切ることは一時的な対処法でしかないのです。
ダメージヘアが見つかった!でも、髪を切りたくないときは…
ダメージヘアはとくに毛先が目立ちます。でも、切りたくない方も多いはず。今すぐに見た目をキレイにする必要がない場合は、切らなくても問題ないかもしれません。しかし、今すぐにダメージヘアを改善するには、やっぱり、切るしかないのです。
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは?
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは、一言でいえば「品質」です。ダメージヘアを予防&対策するなら高品質のサロンシャンプーを選びましょう。低品質の市販シャンプーでは、ダメージヘアがどんどん悪化していく恐れもありますから。
ダメージヘアは抜け毛の原因のひとつ!
抜け毛に悩む女性のほとんどがダメージヘアになっているorなりかけていることを知っていますか?抜け毛をなくすにはまず、ダメージヘアを改善することを優先しましょう。毎日丁寧なヘアケアを心掛ければ、自然と抜け毛に困らなくなるはずです。
ダメージヘアをなくせば白髪もなくせる!
白髪に悩み始めた方のほとんどがダメージヘアになっています。つまり、ダメージヘアを改善することができれば、白髪もなくすことができるのです。最近、白髪が増えてきたなと感じたら、ダメージヘア対策を始めてみましょう。
冬の髪の毛対策