ダメージヘア 白髪

ダメージヘアをなくせば白髪もなくせる!

ダメージヘアと白髪の関係

ダメージヘアになると白髪が増えやすくなる

 

最近、白髪が増えてきた…
まだ白髪に悩むような歳じゃないのに!

 

と困っていませんか?

 

実は、白髪が増えるのはダメージヘアと深い関係があるんです。
白髪の増える原因とダメージヘアになる原因を見てみましょう。

 

白髪の原因
  • ストレス
  • 紫外線
  • 生活習慣の乱れ(運動不足・睡眠不足・栄養不足など)
  • 老化
ダメージヘアの原因
  • ストレス
  • 紫外線
  • 生活習慣の乱れ
  • パーマやカラーのし過ぎ

 

ほぼ共通していますね。

 

白髪が増えてきた方で、白髪の原因の一つである「老化」に当てはまらないなら、ダメージヘアの影響による可能性が非常に高いです。

 

原因が同じということは、ダメージヘアになれば白髪が増えやすくなり、白髪が増えてくればダメージヘアが悪化している、と言えますから。

 

つまり、ダメージヘアを改善すれば、白髪もなくせるのです。

 

 

ダメージヘアをなくして白髪もなくそう

 

運動後の女性

 

白髪をなくすには、ダメージヘアの改善を心掛けましょう。

 

共通の原因である

  • ストレス
  • 紫外線
  • 生活習慣の乱れ

を対策することはもちろん、日常での細かなケアも大事です。

  • 髪の洗い方、乾かし方
  • シャンプー選び
  • 水分補給

 

これらにも十分気を遣わねばなりません。

 

詳しい対策方法は以下のページで解説しています。

 

ダメージヘアの改善はホームケアで9割決まる!

 

ダメージヘアをいたわる!【ブラッシングの正しい方法】

 

ダメージヘアを治す方法って?【髪を守るための豆知識】

 

水分補給はダメージヘアの改善に欠かせない!?

 

 

シャンプー選びが一番取っ掛かりやすい対策ではないでしょうか。
毎日の洗髪で欠かせないシャンプー。そのシャンプーが粗悪なものでは、どんなに生活習慣に気を遣ってもダメージヘアは改善されません。
まずは、シャンプーの見直しをしてみてください。

 

オススメはアミノ酸系シャンプーの『haru黒髪スカルプ・プロ』です。
haru黒髪スカルプ・プロ
白髪に悩みはじめた方にピッタリ!ダメージヘア改善には髪と頭皮の健康から

 

 

 

ダメージヘアをなくせば白髪もなくせる!関連ページ

注意!縮毛矯正について
ひどいクセ毛だと縮毛矯正したくなりますよね。でも、縮毛矯正の髪に与えるダメージってとんでもなく大きいんです。あっという間にダメージヘアになってしまうほど。ですから、縮毛矯正後は入念にケアを行わなければなりません。その方法を解説します。
パーマがダメージヘアの原因になるかも?!
ダメージヘアを作りにくい髪型
ダメージヘアがあると、どんな髪型もしっくりこないですよね。いろんなアレンジを試みても改善されません。それもそのはず、ダメージヘアはヘアスタイルをアレンジするほど悪化してしまうのですから。髪を傷めない髪型とは?
髪の毛(ダメージヘア)が乾きにくいのはなぜ?
ダメージヘアは切る(カットする)しかない…?
ダメージヘアをなくすには切るしかないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。ヘアケアを徹底することで、将来的にツヤのあるキレイな髪を取り戻すことができます。傷んだ髪を切ることは一時的な対処法でしかないのです。
ダメージヘアが見つかった!でも、髪を切りたくないときは…
ダメージヘアはとくに毛先が目立ちます。でも、切りたくない方も多いはず。今すぐに見た目をキレイにする必要がない場合は、切らなくても問題ないかもしれません。しかし、今すぐにダメージヘアを改善するには、やっぱり、切るしかないのです。
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは?
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは、一言でいえば「品質」です。ダメージヘアを予防&対策するなら高品質のサロンシャンプーを選びましょう。低品質の市販シャンプーでは、ダメージヘアがどんどん悪化していく恐れもありますから。
髪に良い石鹸シャンプーとは?
ダメージヘアは抜け毛の原因のひとつ!
抜け毛に悩む女性のほとんどがダメージヘアになっているorなりかけていることを知っていますか?抜け毛をなくすにはまず、ダメージヘアを改善することを優先しましょう。毎日丁寧なヘアケアを心掛ければ、自然と抜け毛に困らなくなるはずです。
冬の髪の毛対策