ダメージヘア 白髪

ダメージと白髪の関係

若い世代であっても、若白髪と呼ばれる白髪の症状に悩む人は多くいます。そもそも髪の毛は内部の髪の色を決める細胞を持っています。本来ならば髪の毛が生える際にその細胞が黒に染められ、黒色の髪の毛が生えてきます。しかしながら、白髪が生えてくる人は何らかの原因で黒色の染められることがなく、その細胞が何色にも染まることがなく生えてきてしまうのです。これが白髪の仕組みです。

 

若白髪の原因は、ストレスや体質(遺伝)、栄養不足などが考えられています。特に栄養不足は他の髪の毛のダメージにも非常に強く影響しています。髪の毛の主成分はたんぱく質であり、人が食事から摂取する栄養素が髪にまで届けられます。その栄養が足りなかった場合、細く弱かったりハリがないダメージヘアになりやすい髪の毛や白髪が生えてきてしまうのです。これらは十分な食生活を行い改善するしかありません。体質は簡単には変える事ができませんが、ストレスを発散したり栄養を十分に摂取することは簡単に行う事ができます。

 

また紫外線も白髪の原因となります。紫外線に強く当たると髪の毛の色を退色しがちです。特にカラーリングをしている髪の毛は、色が抜けると非常に白に近い色となり白髪のようになります。これらを気にしている人も多くいます。そういった場合は紫外線やダメージを防ぎ退色を防ぐしか方法がないのです。

 

白髪を簡単に治したければ染めるしかありません。白髪染めが普通のカラー剤と同様の仕組みですが、薄い髪の毛に色が入りやすいという特徴があります。その為ムラになりやすいので施術の際には注意が必要です。さらに、白髪染めもカラーリング同様一度キューティクルをはがして色をいれるのでダメージヘアの原因ともなります。ダメージを受けた髪の毛や毛根は栄養が失われやすくさらなる白髪の原因となります。美容院でプロに施術してもらうか、天然成分のカラー剤やトリートメントでのケアなど髪にダメージを与えない工夫が必要です。

ダメージと白髪の関係関連ページ

注意!縮毛矯正について
ひどいクセ毛だと縮毛矯正したくなりますよね。でも、縮毛矯正の髪に与えるダメージってとんでもなく大きいんです。あっという間にダメージヘアになってしまうほど。ですから、縮毛矯正後は入念にケアを行わなければなりません。その方法を解説します。
パーマがダメージヘアの原因になるかも?!
ダメージヘアを作りにくい髪型
ダメージヘアがあると、どんな髪型もしっくりこないですよね。いろんなアレンジを試みても改善されません。それもそのはず、ダメージヘアはヘアスタイルをアレンジするほど悪化してしまうのですから。髪を傷めない髪型とは?
髪の毛(ダメージヘア)が乾きにくいのはなぜ?
ダメージヘアは切る(カットする)しかない…?
ダメージヘアをなくすには切るしかないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。ヘアケアを徹底することで、将来的にツヤのあるキレイな髪を取り戻すことができます。傷んだ髪を切ることは一時的な対処法でしかないのです。
ダメージヘアが見つかった!でも、髪を切りたくないときは…
ダメージヘアはとくに毛先が目立ちます。でも、切りたくない方も多いはず。今すぐに見た目をキレイにする必要がない場合は、切らなくても問題ないかもしれません。しかし、今すぐにダメージヘアを改善するには、やっぱり、切るしかないのです。
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは?
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは、一言でいえば「品質」です。ダメージヘアを予防&対策するなら高品質のサロンシャンプーを選びましょう。低品質の市販シャンプーでは、ダメージヘアがどんどん悪化していく恐れもありますから。
髪に良い石鹸シャンプーとは?
ダメージヘアは抜け毛の原因のひとつ!
抜け毛に悩む女性のほとんどがダメージヘアになっているorなりかけていることを知っていますか?抜け毛をなくすにはまず、ダメージヘアを改善することを優先しましょう。毎日丁寧なヘアケアを心掛ければ、自然と抜け毛に困らなくなるはずです。
冬の髪の毛対策