ダメージヘア 縮毛矯正

縮毛矯正するとダメージヘアに!?【縮毛矯正後に最適なヘアケアとは?】

縮毛矯正のダメージとは

縮毛矯正後にダメージヘアにならないようにするには?

 

縮毛矯正は、薬剤で髪のキューティクルを一旦全部剥がし、そのあと熱で髪の毛をまっすぐにして、それから別の薬剤で髪を固めます。
見た目はキレイになっても、無理やり直毛にしてツヤを出しているので、髪はボロボロです。

 

縮毛矯正後は特にケアを入念に行わないと、あっという間にダメージヘアになってしまいます

 

縮毛矯正後のヘアケア

 

施術後24時間〜48時間で化学反応が治まり、髪の状態が安定すると言われています。
そのため、髪が安定するまではシャンプーで洗髪するのは避けたほうが良いです(現在は、美容技術が上がりすぐにシャンプーしても問題ないそうですが)。髪への負担を確実に減らすには、ぬるま湯で軽くすすぐくらいにしておきましょう。

 

髪はしっかり乾かします。ドライヤーを髪から15cm以上離して根元から入念にドライしましょう。生乾きは厳禁です。仕上げは冷風で行い髪と頭皮を冷ましてあげると、傷みを抑えられます。
ブラッシングはやさしく丁寧に。まだ髪が安定しない状態では、非常にクセが付きやすいです。

 

また、髪をまとめたり縛ったりするヘアアレンジは控えましょう。
髪にクセが付くうえに、摩擦によってひどく傷みます。

 

一番大事なのが、シャンプー(トリートメント)です。
市販品のシャンプーやトリートメントでは髪をさらに傷めるだけなので、決して使わないようにしましょう(保湿も保護もできません)。
縮毛矯正は、超高温で髪を伸ばすので、髪の主成分であるたんぱく質が破壊されまくります
髪を健康な状態に戻すには、失われたたんぱく質の補充が必須です。

 

髪にたんぱく質を補充するには、『アミノ酸系シャンプー』が最適。
たんぱく質(アミノ酸)を髪に与え、保湿することができます。アミノ酸系シャンプーは、アトピーや乾燥肌の方に向けて作られたものなので、肌にやさしいのも特徴です。
その分、洗浄力は弱めですが、それが縮毛矯正後の髪にはベストマッチなんですね。

こちらのハーブガーデンは、天然由来成分100%のアミノ酸系シャンプー。
ハーブガーデン

>>縮毛矯正のダメージには『ハーブガーデン』がオススメ<<

 

こだわり抜いた天然成分とハーブウォーターが、縮毛矯正のダメージを最小限に抑えてくれます。当サイトイチオシのアミノ酸系シャンプーです(コンディショナーもあります)。
アミノ酸系シャンプーを使うなら、まずは『ハーブガーデン』を試してみましょう。

 

ダメージヘアに縮毛矯正は厳禁!

 

縮毛矯正は髪にとてつもなくダメージを与えます。
それも、パーマやカラーリングなど含め美容院で行える施術の中でも、ダントツです。

 

よほどひどいクセ毛で困っている方でない限りは、絶対にオススメしません。
ましてや、ダメージヘアの状態で縮毛矯正なんて、“死人に鞭打つ行為”と言っても過言ではないくらいです。

 

ダメージヘアの方はまず、縮毛矯正を考える前に、ヘアケアの見直しと改善を徹底しましょう!

 

ダメージヘアには、日常生活の中のさまざまな要因が重なり合ってなってしまいます。
髪への負担を防ぎ、髪を健康な状態に戻すには、一つひとつ要因を解消していくしかありません。当然、時間もかかります。
少しずつ根気よくケアを心掛けていくことが最善策です。

 

⇒ダメージヘアの改善方法は、こちらで詳しく解説!

縮毛矯正するとダメージヘアに!?【縮毛矯正後に最適なヘアケアとは?】関連ページ

パーマがダメージヘアの原因になるかも?!
ダメージヘアを作りにくい髪型
ダメージヘアがあると、どんな髪型もしっくりこないですよね。いろんなアレンジを試みても改善されません。それもそのはず、ダメージヘアはヘアスタイルをアレンジするほど悪化してしまうのですから。髪を傷めない髪型とは?
髪の毛(ダメージヘア)が乾きにくいのはなぜ?
ダメージヘアは切る(カットする)しかない…?
ダメージヘアをなくすには切るしかないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。ヘアケアを徹底することで、将来的にツヤのあるキレイな髪を取り戻すことができます。傷んだ髪を切ることは一時的な対処法でしかないのです。
ダメージヘアが見つかった!でも、髪を切りたくないときは…
ダメージヘアはとくに毛先が目立ちます。でも、切りたくない方も多いはず。今すぐに見た目をキレイにする必要がない場合は、切らなくても問題ないかもしれません。しかし、今すぐにダメージヘアを改善するには、やっぱり、切るしかないのです。
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは?
市販シャンプーとサロンシャンプーの違いは、一言でいえば「品質」です。ダメージヘアを予防&対策するなら高品質のサロンシャンプーを選びましょう。低品質の市販シャンプーでは、ダメージヘアがどんどん悪化していく恐れもありますから。
髪に良い石鹸シャンプーとは?
ダメージヘアは抜け毛の原因のひとつ!
抜け毛に悩む女性のほとんどがダメージヘアになっているorなりかけていることを知っていますか?抜け毛をなくすにはまず、ダメージヘアを改善することを優先しましょう。毎日丁寧なヘアケアを心掛ければ、自然と抜け毛に困らなくなるはずです。
ダメージと白髪の関係
冬の髪の毛対策