ダメージヘアを補修するための基本知識

ダメージヘア補修のための基本 | ダメージヘアの補修ガイド記事一覧

多くの女性が一度はアイロンを手に取ったことがあるのではないでしょうか。ヘアアイロンには、ストレートタイプとカールタイプの2種類があり種類も3000円程度の安価のものから数万円するような高価なものまであります。どのタイプも髪の毛に熱を与える事で、髪の毛を理想の形に変形させることができる女性のヘアセットにおいては優れものです。しかし、熱を加えてタンパク質を変形させているのでどうしても髪はダメージを受け...

ダメージの原因は紫外線や乾燥などの環境も影響していますが、正しいと思って行っていた普段のケアが髪に悪影響を与えている場合も多くあります。特に、髪の毛は濡れている時は非常に痛みやすいです。多くの人は毎日お風呂で髪の毛を洗っていてその時のケアは重要です。髪の毛を洗う前には必ず丁寧なブラッシングをします。ブラッシングをすることで、髪の毛を整えシャンプーをすることでおこりやすい毛の絡まりを防ぐことができる...

ダメージヘアの手入れは正しい方法で行う必要があります。そのステップは、洗い方、乾かし方、ブラッシング方法、アイロンの使い方、トリートメントの使い方と多岐に渡ります。全てにおいて正しい方法を知ることがダメージヘアを防ぎ、そしてできてしまったダメージとうまく付き合っていくうえで正しい方法です。しかし、全てとなると膨大の量になってしまうので基本中の基本の手入れの方法を紹介します。まずダメージヘアを取り扱...

毛先が痛んでいるダメージヘアは見た目にもキレイじゃなく、どうにか改善したいですよね。毛先がまとまらないと、とにかく目立ちます。しかし、どうしてもダメージは毛先から発生してしまいます。まず、毛先は髪の毛の中で1番長く生えている毛です。人は平均で1ヵ月に1cm程度髪の毛が伸びると言われています。そうすると単純に考えたとしてもロングヘアの女性の毛先は2,3年生え続けていることになります。ということはそれ...

『人=水』と言ってもいいくらいに水分は大切ダメージヘアを改善するためには、水分補給は欠かせません。なぜなら、人の体は約60%もの割合が水分で作られているからです。人の大半を占める水分が不足したままでいると、人体にはあらゆる症状が出始めます。たとえば…便秘になりやすくなる口の中がネバネバする目が充血しやすくなる静電気が頻発する汗をかきにくくなるかかとがひび割れる血液がドロドロになる髪がパサつき広がり...

ドライヘアとダメージヘアの違いドライヘアとダメージヘアはどのような違いがあるのか気になりますよね。が、実は、ドライヘアもダメージヘアも意味は同じ。ドライヘアはその名の通り、乾燥した髪を指しますが、ダメージヘアは傷んだ髪全般のことを指します。つまり、ダメージヘアの症状の一つに、ドライヘアがある訳ですね。一般的なダメージヘアと分けて考えられるのは、ドライヘアになる原因が主に外部からの刺激によるもの、と...

髪の毛は起きて活動しているときだけでなく、寝ている間もダメージを受けています。特に、寝相が悪く、寝グセのひどい方は、毎日、無意識のうちに髪へダメージを与えてしまっていることに…(+_+)就寝中、髪にダメージを与える原因としては、主に以下の3つがあります。濡れたまま、髪を十分に乾かさずに寝ている枕や布団などの寝具との摩擦や絡まり空調や気温の変化で部屋が乾燥しているこれらの習慣や状況を改善すれば良いの...

ノンシリコンシャンプーブームがやってきた時、シリコンシャンプーがは良くないという情報が沢山流れました。そもそもの発信元はそういうつもりで言ったのではないでしょうが、回りに回ってそう捉えられても仕方ない状況にあったのは事実です。実際、シリコンが悪いかというとそんなことはありません。シリコンは医療業界でもよく使われている成分で、体内にシリコンが入っている人も沢山います。確かに、「作られた成分」ではあり...

ヘアケアを気にかける人にとって、「ノンシリコンシャンプー」というワードを聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。美容師の印象では、ノンシリコンシャンプーの方が良いという漠然としたイメージだけを持っている人が多くいるそうです。実際、ノンシリコンシャンプーの特徴をご存じでしょうか。ノンシリコンシャンプーとはその名の通り、シリコンが入っていないタイプのシャンプーを指しています。シリコンとは、油のこ...

ダメージヘアを発生させないためにも、ブラッシングも正しい方法で行う必要があります。ブラッシングこそただ何となく髪の毛に櫛を通している人が多いですが、それは危険です。ダメージには摩擦を発生させないことも非常に重要です。ブラッシング時にはどうしても摩擦が発生してしまうので、正しい方法が必要なのです。その方法とは、まず毛先から行うことです。毛先は目でわからなくても、日々の細かい動きの中で絡まりやうねりが...