ダメージヘア ブラッシング 正しい方法

正しいブラッシング方法

ダメージヘアを発生させないためにも、ブラッシングも正しい方法で行う必要があります。ブラッシングこそただ何となく髪の毛に櫛を通している人が多いですが、それは危険です。ダメージには摩擦を発生させないことも非常に重要です。ブラッシング時にはどうしても摩擦が発生してしまうので、正しい方法が必要なのです。

 

その方法とは、まず毛先から行うことです。毛先は目でわからなくても、日々の細かい動きの中で絡まりやうねりが発生している場合があります。その状態で根本からブラシを入れてしまうと、髪の毛に強い負荷がかかってしまいます。ブラッシングをする際には、必ず毛先のほうから少しずつ範囲を広げながら行う必要があります。特にロングヘアーの人は3段程度に分けて行いましょう。そして、最後に根本からブラッシングをします。そうすることで全体が整い、ツヤができます。ブラッシングを行うことで髪の毛をキレイにできるだけでなく、髪の毛の内側や頭皮にたまったホコリを外側に出すことができます。その為、シャンプー前と朝のヘアセット前の1日2回は少なくとも行うようにしましょう。

 

そしてブラッシングに重要なのは、ブラシです。汚れたブラシを使っていないですか。ブラシ自体が汚れていれば、髪の毛も汚れてしまいます。ブラシは常に清潔にしておく必要があります。

 

また、ブラシの性質も非常に重要です。特に合成毛でできているブラシは、ブラシをいれることで毛が逆立ってしまい逆効果になる場合があります。猪などの天然の毛を使った獣毛のブラシは髪の毛にツヤを与えます。デメリットは、濡れた髪には使えないこととブラシのケアが大変なことです。ナイロンやポリエチレンを利用したものは摩擦も起こりにくく手頃ですが、静電気が発生しやすくなります。木でできているブラシもあります。これは、静電気も起こりにくく比較的ケアが簡単です。しかし、固いので頭皮に負担がかからないように使う必要があります。

 

このように何からできているブラシかによって性質が異なり、効果も変わってきます。ダメージを防ぐためには正しいブラシを使うことも非常に重要です。