ダメージヘア アイロン 悪い

ダメージヘアを防ぐヘアアイロンの正しい使い方

ヘアアイロンを当てる女性

ヘアアイロンの髪へのダメージってどのくらい悪い?

 

ヘアアイロンって、もうそれだけで髪に負担が大きいことが分かりますよね。
“超高温のプレートを髪に押し当てて無理やりまっすぐにする”のですから、髪へのダメージがない訳がありません。

 

頻繁な使用は間違いなくダメージヘアの原因となります。
もちろん、ヘアアイロンで傷んだ髪をまっすぐにするために、またヘアアイロンを使う、なんてことは絶対にやってはいけません。髪がさらにボロボロになってしまいますよ。

 

ヘアアイロンによるダメージは、熱と摩擦。


高温の熱でまっすぐに伸ばすので、当然、髪へのダメージはかなり大きいです。ドライヤーの熱とは比べ物にならないほど。

 

摩擦
髪を挟んで伸ばす際に、摩擦がかかります。ヘアアイロンの仕組み上、この摩擦をなくすことは難しいです。

 

この熱と摩擦をなくすことはできなくても、少なくすることができれば、もっと快適にヘアアイロンが使えるはずです

 

 

ヘアアイロンを正しく使って、ダメージを軽減!

ヘアアイロンを失敗した女性

 

ヘアアイロンを使ってヘアアレンジを楽しむためには、適切な使用方法を知っておきましょう。一度傷んだ髪は元の状態に完璧に修復することはできませんから、何よりも「予防」が大事なのです

【ヘアアイロンの正しい使い方】

  • ヘアアイロン用スタイリング剤を使う
  • アイロンの熱と摩擦から髪を保護し、使い心地を良くできます。何もつけずにアイロンを使うより、はるかに安心です。使用後は、髪をきちんと乾かしましょう。スタイリング剤は、オイル、クリーム、ミスト、ジェルタイプのものがあります。

  • 必ず髪を乾かしてから使う
  • 髪は濡れるとキューティクルが開いてしまいます。その状態でアイロンを当てると、熱が髪の内部までダイレクトに伝わり、あっという間に傷みまくりです。そのうえ、“水蒸気爆発”と言って、水分が熱で膨張するときにおこる化学反応で、髪にその名の通り、爆発するほどのダメージが加わります。
    必ずしっかり乾かしてから使いましょう。

  • 目の粗いクシで髪を梳かす
  • 髪にクセが付いていたり絡まっていたりすると、ダメージはより大きくなってしまいます。アイロンを使う前に摩擦がかかり過ぎないよう、目の粗いクシで軽く梳いておきましょう。

  • やけどに注意
  • ヘアアイロンは140〜180度ほどで使いますから、かなり熱いです。指や頭皮に触れさせないように注意して使いましょう。同じ箇所に長時間当てるのも厳禁です。長くても2〜3秒くらいに。髪もやけどしてしまいます。

  • 強く髪を挟まない
  • 一束の量は少なめに、やさしく挟んですっと伸ばします。ヘアアイロンはプレスによる摩擦ではなく、主に熱で髪をまっすぐにするので、強く挟む必要はありません。
    温度は髪質によりますが、140度前後が適切です。

  • 最後に、よく冷ます
  • アイロンの使用後は、ドライヤーの冷風を使って髪をしっかり冷まします。熱と摩擦のダメージを長引かせないために欠かせない仕上げです。

 

 

ヘアアイロンは毎日使わない(できればずっと使わない)

ヘアアイロンで傷んだ毛先

 

“超高温のプレートを髪に押し当てて無理やりまっすぐにする”行為を毎日やるなんて、
「ダメージヘアまっしぐら」です
(たとえ、上記の方法で正しくアイロンを使ったとしてもです)。

 

ですから、ヘアアイロンを使うのは、多くても週に3回までにしましょう。それ以上は、髪がダメージに耐え切れなくなります。

 

アイロンの熱と摩擦で、髪のたんぱく質はどんどん溶けて流れて出ていきます。アイロンを一度でも使えば、髪が傷んでしまうのです。

 

実を言うと、ダメージヘア予防するなら、ヘアアイロンは一度でも使うべきではありません。ダメージヘアは絶対に嫌だ!という方は、アイロンを使わなくてもよいヘアスタイルに変えることをお勧めします。ダメージヘアの方はなおさらです。

 

 

それでも使わないといけない方は…

 

ヘアアイロンを使うのなら、相応の覚悟を持って使いましょう。アイロン前後はもちろん、日常生活の中でできるかぎり髪にダメージを与えないようにケアを徹底する必要があります。そうでもないと、ダメージヘアは決して避けられません。

 

特に、髪に「たんぱく質」を補うことは重要です
たんぱく質の流出=ダメージヘア、なのですから。たんぱく質の流出を防ぐには、外側から補充してあげるしか方法はありません。

 

そこで使うべきが、『アミノ酸系シャンプー』です。
アミノ酸系シャンプーを毎日使うことで、髪にたんぱく質(アミノ酸)を補充することができます。低刺激なので肌にもやさしく、髪や頭皮に余計なダメージは与えません。

 

ヘアアイロンを使うなら、一緒にアミノ酸系シャンプーも使いましょう。
オススメは、こちらの『リマーユ』です。
アミノ酸系シャンプー「リマーユ」

>>アイロン使うなら『リマーユ』でケア<<

 

ダメージヘアを防ぐヘアアイロンの正しい使い方関連ページ

ダメージヘア予防&対策できる【髪の正しい洗い方】
髪の洗い方が間違っていると、ダメージヘアの原因になります。正しいと思って続けていたヘアケアが、実は、髪に負担をかけているだけの可能性も。正しい髪の洗い方を再確認して、ダメージヘアを予防&対策しましょう!
ダメージヘアのお手入れ方法
毛先のダメージはどう改善する?
ダメージヘアに大切なのは水分補給だった!!
ダメージヘアの改善に水分補給は非常に効果的です。適切なタイミングで水分補給を行うだけで、傷んだ髪は本来のツヤを取り戻すことができます。水分を補給するだけでダメージヘアが治るはずがない、と思っている方こそ試してみましょう。
ドライヘアとダメージヘアの違い
ドライヘアとダメージヘアはどちらも傷んだ髪のこと。この二つに大きな違いはありませんが、ドライヘアは乾燥して傷んだ髪のことで、ダメージヘアは傷んだ髪のことを総称して言います。つまり、ダメージヘアを改善すればドライヘアも改善するんです。
髪の毛を傷めない寝方&ダメージヘアの人が寝るときの注意点
シリコンはダメージを与える?!
今話題のノンシリコンシャンプーとは?
ダメージヘアの正しいブラッシング方法