ダメージヘア アイロン 悪い

アイロンでダメージヘアを作らないために

多くの女性が一度はアイロンを手に取ったことがあるのではないでしょうか。ヘアアイロンには、ストレートタイプとカールタイプの2種類があり種類も3000円程度の安価のものから数万円するような高価なものまであります。どのタイプも髪の毛に熱を与える事で、髪の毛を理想の形に変形させることができる女性のヘアセットにおいては優れものです。しかし、熱を加えてタンパク質を変形させているのでどうしても髪はダメージを受けやすくなります。しかしながら、使用するのが悪いというわけではありません。使用するのであれば、適切なケアが必要なのです。

 

なぜ痛んでしまうかというと、これらは全て髪の主成分であるたんぱく質に働きかけています。たんぱく質も他のアミノ酸などと色々な形で結合し、髪の毛を構成しています。パーマや縮毛矯正だと、この結合をいったんといて人工的に別の結合をさせることで形を維持することができますが、アイロンでの処理は結合を分解するという点では同様ですが、特別な薬液等で維持させることができないので日々繰り返してセットを行わなければなりません。日々、髪の毛の成分に熱を加え働きかけ、それを繰り返すことがどれだけダメージを与えているか想像がつくかと思います。

 

現在のアイロンは進化をしていて、表面にツヤを出す効果やサラサラに見せる効果があるものまであり一見痛みがわからないようになっています。しかしながら、熱を加える事で必ずダメージは発生しており、ダメージヘアを作りださないためにも日々のケアが非常に重要視されます。

 

髪の毛を痛めにくいアイロンの仕方は、必ず乾いた髪の毛に使う事、型をはっきりつけたいからといって強く引っ張らない事、アイロンの温度を150度以下にすることなどが挙げられます。正しいアイロンの使い方をすることでダメージを軽減することができます。また、アイロンの断面を摩擦がおこりにくいセラミック加工やチタン加工がしてあるものを選ぶようにしましょう。値段だけで選ばず髪の毛に負担を与えにくいアイロンを選ぶことも大切です。

アイロンでダメージヘアを作らないために関連ページ

髪の毛の正しい洗い方
ダメージヘアのお手入れ方法
毛先のダメージはどう改善する?
ダメージヘアに大切なのは水分補給だった!!
ダメージヘアの改善に水分補給は非常に効果的です。適切なタイミングで水分補給をを行うだけで、傷んだ髪は本来のツヤを取り戻すことができます。水分を補給するだけでダメージヘアが治るはずがない、と思っている方こそ試してみましょう。
ドライヘアとダメージヘアの違い
ドライヘアとダメージヘアはどちらも傷んだ髪のこと。この二つに大きな違いはありませんが、ドライヘアは乾燥して傷んだ髪のことで、ダメージヘアは傷んだ髪のことを総称して言います。つまり、ダメージヘアを改善すればドライヘアも改善するんです。
髪の毛を傷めない寝方&ダメージヘアの人が寝るときの注意点
シリコンはダメージを与える?!
今話題のノンシリコンシャンプーとは?
ダメージヘアの正しいブラッシング方法