ダメージヘア 毛先

毛先のダメージはどう改善する?

毛先が痛んでいるダメージヘアは見た目にもキレイじゃなく、どうにか改善したいですよね。毛先がまとまらないと、とにかく目立ちます。しかし、どうしてもダメージは毛先から発生してしまいます。

 

まず、毛先は髪の毛の中で1番長く生えている毛です。人は平均で1ヵ月に1cm程度髪の毛が伸びると言われています。そうすると単純に考えたとしてもロングヘアの女性の毛先は2,3年生え続けていることになります。ということはそれだけ日常生活の中でダメージを受け続けているということです。カラーやパーマの薬剤もこの長さに到達するまでに何回も何回も浴びているだろうし、十分にケアをしていたとしても紫外線や乾燥などの影響を受けている時間も長くなります。

 

さらにそれだけではありません。髪の毛を軽く見せるために、色々なヘアセットをするために毛先を軽くしていませんか。確かに毛先を軽くした方がセルフアレンジがしやすくなります。しかしながら、軽くすきすぎた髪の毛は摩擦やホコリなどの影響を受けやすくなります。1本1本の髪の毛がまとまって外的からまもることができないのです。そもそも髪の毛はとても細いものです。髪の毛の先はもちろん頭皮に走る血管よりだいぶ遠いですよね。その為、髪の毛を健康にする栄養成分も届きにくくなっているのです。その為、毛先は弱くなりやすいのです。

 

それに毛先は熱のダメージも受けやすくなります。アイロンをする時、毛先を中心に熱を加えてたり、ブローをする時に毛先までしっかりと熱を与えたりしていませんか?冒頭にも言った通り、毛先がまとまっていると髪の毛がキレイに見えます。その為、ヘアセットを行う時は毛先まで念入りにしますよね。女性にとって見た目に気を遣うことは大事なことなので悪いとはいいません。しかしこういった行為もダメージを受けている髪の毛に見えてしまう原因なのです。

 

ダメージヘアを防ぐ為にも、ダメージヘアに見せない為にも毛先を中心としたヘアケアが必要です。

毛先のダメージはどう改善する?関連ページ

アイロンでダメージヘアを作らないために
髪の毛の正しい洗い方
ダメージヘアのお手入れ方法
ダメージヘアに大切なのは水分補給だった!!
ダメージヘアの改善に水分補給は非常に効果的です。適切なタイミングで水分補給をを行うだけで、傷んだ髪は本来のツヤを取り戻すことができます。水分を補給するだけでダメージヘアが治るはずがない、と思っている方こそ試してみましょう。
ドライヘアとダメージヘアの違い
ドライヘアとダメージヘアはどちらも傷んだ髪のこと。この二つに大きな違いはありませんが、ドライヘアは乾燥して傷んだ髪のことで、ダメージヘアは傷んだ髪のことを総称して言います。つまり、ダメージヘアを改善すればドライヘアも改善するんです。
髪の毛を傷めない寝方&ダメージヘアの人が寝るときの注意点
シリコンはダメージを与える?!
今話題のノンシリコンシャンプーとは?
ダメージヘアの正しいブラッシング方法