ダメージヘア 毛先

毛先のダメージヘアに気付いたらすぐに対策を!

毛先のダメージヘア

 

毛先からダメージヘアは広がっていく!

 

ダメージヘアは毛先からどんどん悪化していきます。

 

毛先は髪の中でも一番はじめに生えてきた部分。当然、これまでの生活で受けてきたダメージがもっとも多く積み重なっているため、ダメージヘアになりやすいのです。

 

毛先のダメージを改善するのは簡単ではありません。
毛先だけが傷んでいるのなら、カットしてしまった方が早く確実。

 

でも、ヘアスタイルを今のままで変えたくない方は、なんとか毛先の傷みを和らげて、見た目と肌ざわりを良くする必要があります。
それは、髪の毛は肌と違って、傷がいつの間にか治ったりはしないから。
元の健康な状態にダメージヘアが治ることはないのです。

 

ダメージヘアを少しでも改善するには、アミノ酸系シャンプーで髪にたんぱく質(アミノ酸)を補充して、トリートメントで保湿してあげましょう。
そうすれば、見た目と肌ざわりは(一時的に)改善されます。

 

 

ですが、あまりにもひどく傷んだ毛先はどんな方法を使っても、見た目も肌ざわりも改善不可能です。シャンプーやトリートメントくらいでは無理なので、カットするしかありません。

 

放置していると毛先だけでなく、髪全体が取り返しのつかない状態になってしまいますよ。

 

 

ダメージヘアは予防すべし!

ダメージヘアは予防が大事

 

ダメージヘアを本当の意味で完璧に治すことはできません。
ですので、ダメージヘアは何よりも「予防」が大切なのです

 

髪の毛は根元が伸びますから、根元がもっともキレイで元気な髪ということ。

 

その根元の髪が毛先に近づくにつれてどんどん傷んでいきます。
つまり、根元の髪が毛先になるまで、ヘアケアを徹底し続ければ、ダメージヘアのないツヤのあるキレイな髪を手に入れることができる訳です

 

髪が伸びるのは、1ヶ月で1cmくらい。
相当に長い年月をかけてじっくりケアしていかなければなりません。
ツヤ髪はそう簡単には手に入らないです。
今、髪のキレイな人は、間違いなくかなりの努力をしているでしょう。

 

美容室で一時的にキレイにしてもダメージヘアには何の効果もありません。
むしろ、薬剤の影響でさらに悪化してしまいます。

 

一度傷んだ髪は元には戻りません。

 

ダメージヘアは「予防」を徹底しましょう。

 

 

ダメージヘアを「予防」するには…

毛先の美しい女性

 

根元の髪とこれから生えてくる髪のためのケアを特に入念にしつつも、今生えている髪にこれ以上ダメージを与えないケアを心掛けなければなりません。

  • シャンプー&トリートメントにこだわる

これはもう実践されているかもしれませんね。
ダメージヘアの場合、洗浄力ではなく成分を重視しましょう。天然成分が必ずしも髪に合うとは限りませんが、少なくとも化学薬品によるダメージは防ぐことができます。
ダメージヘアに最適なのは、「アミノ酸系シャンプー」です。

 

ダメージヘアを補修するトリートメント選び

 

  • 毎日のヘアケアの質を上げる

髪のためにと思ってやっていることが実は、逆に髪にダメージを与えてしまっている恐れがあります。間違ったヘアケアは、時間と労力のムダです。
正しいヘアケア知識を身に付けましょう。
大事なのは、自分が納得のいく長く続けられる方法を見つけること
ネット上の情報が正しいとは限りません。

 

ダメージヘア予防&対策できる【正しい髪の洗い方】
ダメージヘアをいたわる!【ブラッシングの正しい方法】

 

  • 生活の質を高める

これはダメージヘア予防だけでなく、健康に生きていくためには欠かせないことです。
健康な体にのみ健康な髪は生えてきます。不健康な体には不健康な髪しか生えてきません。
栄養バランスのとれた食事、規則正しい睡眠、定期的な運動などなど、できることから少しずつ改善していきましょう。

 

ダメージヘアの改善に効果的な食べ物とは?

 

  • 筋肉をつける

ダメージヘアの原因の一つである体の水分不足。体の水分量が不足すると、髪がパサつきうねりだします。
筋肉の水分保有量は、脂肪の水分保有量の5倍近く。
つまり、脂肪が少なく筋肉の多い体は潤いやすいのです。ダメージヘアにもなりにくくなります。

 

水分補給はダメージヘアの改善に欠かせない!?

 

  • 紫外線を極力カットする

髪をダイレクトに傷みつける代表の紫外線。
ただでさえ自力で治らない髪の毛が火傷した場合どうなるでしょうか?
肌で例えるなら、熱も痛みも引かず、赤く焼け爛れたまま放置するしかなくなるのです。
ただ、髪には神経がないので痛みも熱さを感じないだけ…だから、平気でいられます。
ダメージヘア予防するなら絶対に紫外線対策は徹底しましょう。

 

 

 

上記の「予防」を毎日根気よく継続してください。
そうすれば、いつか必ずダメージヘアのないツヤ髪が戻ってきているはずです。
毛先のダメージに気付いたら、すぐにダメージヘア予防&対策を始めましょう!

 

自宅でできるケアでダメージヘアは防げます。美容室任せにしないことが大事。
ダメージヘアの改善はホームケアで9割決まる!

毛先のダメージヘアに気付いたらすぐに対策を!関連ページ

ダメージヘアを防ぐヘアアイロンの正しい使い方
ヘアアイロンの髪に与えるダメージは、ドライヤーの比ではありません。毎日使えば、すぐにでもダメージヘアになってしまいます。それを防ぐためには、アイロンを正しく使うことが必須です。ヘアアイロンのダメージと使用方法について解説します。
ダメージヘア予防&対策できる【髪の正しい洗い方】
髪の洗い方が間違っていると、ダメージヘアの原因になります。正しいと思って続けていたヘアケアが、実は、髪に負担をかけているだけの可能性も。正しい髪の洗い方を再確認して、ダメージヘアを予防&対策しましょう!
ダメージヘアのお手入れ方法
ダメージヘアに大切なのは水分補給だった!!
ダメージヘアの改善に水分補給は非常に効果的です。適切なタイミングで水分補給を行うだけで、傷んだ髪は本来のツヤを取り戻すことができます。水分を補給するだけでダメージヘアが治るはずがない、と思っている方こそ試してみましょう。
ドライヘアとダメージヘアの違い
ドライヘアとダメージヘアはどちらも傷んだ髪のこと。この二つに大きな違いはありませんが、ドライヘアは乾燥して傷んだ髪のことで、ダメージヘアは傷んだ髪のことを総称して言います。つまり、ダメージヘアを改善すればドライヘアも改善するんです。
髪の毛を傷めない寝方&ダメージヘアの人が寝るときの注意点
シリコンはダメージを与える?!
今話題のノンシリコンシャンプーとは?
ダメージヘアの正しいブラッシング方法
ダメージヘア改善に欠かせないのが、「ブラッシング」。正しい方法でブラッシングすれば、おそらくあなたが思っている以上の効果を発揮します。毎日やることですから、洗髪やドライヤーと同様に徹底して行いましょう!