ダメージヘア ノンシリコンシャンプー

今話題のノンシリコンシャンプーとは

ヘアケアを気にかける人にとって、「ノンシリコンシャンプー」というワードを聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。美容師の印象では、ノンシリコンシャンプーの方が良いという漠然としたイメージだけを持っている人が多くいるそうです。実際、ノンシリコンシャンプーの特徴をご存じでしょうか。

 

ノンシリコンシャンプーとはその名の通り、シリコンが入っていないタイプのシャンプーを指しています。シリコンとは、油のことです。シリコンが入っているシャンプーを使うと、このシリコンが髪の毛を油でコーティングしてくれるのです。油でコーティングしてくれると聞くと、その分痛みにくいのはないか、と思われがちですが、油分でコーティングすると確かに保護はできますが、カラーリングやパーマの薬剤が入りにくくなります。また、そういった薬剤の効果がとれやすくなってしまいます。昨今は、髪の毛にカラーリングやパーマをしている人が非常に多いですから、そういった人はノンシリコンタイプのシャンプーに変えた方が、色がキレイに入るし長持ちしますよ、という意味で効果があります。

 

ノンシリコンの方が髪に良いと思っている人で、ダメージヘアの補修ができると考えている人がいればそれは間違いです。ノンシリコンだからといってダメージヘアの補修ができるわけではありません。むしろ、カラーリングやパーマなどをしない人にとっては、シリコンで油分を髪の毛に与えた方がキューティクルを守ることができるのです。

 

シリコンの有無は、ダメージヘアに対するケアではなく、カラーリングやパーマの発色のしやすさや持ちをキープするためのものであると認識してください。ただし、もちろんそれ以外の成分や油分がないからこその効果があります。例えば、頭皮に油分が多すぎてべたつきやすい人などは、ノンシリコンシャンプーの方が頭皮のケアをできる場合もあります。ノンシリコンは油分が限りなく少ないシャンプーで、そういうシャンプーを求める人には効果的です。

今話題のノンシリコンシャンプーとは?関連ページ

ダメージヘアを防ぐヘアアイロンの正しい使い方
ヘアアイロンの髪に与えるダメージは、ドライヤーの比ではありません。毎日使えば、すぐにでもダメージヘアになってしまいます。それを防ぐためには、アイロンを正しく使うことが必須です。ヘアアイロンのダメージと使用方法について解説します。
ダメージヘア予防&対策できる【髪の正しい洗い方】
髪の洗い方が間違っていると、ダメージヘアの原因になります。正しいと思って続けていたヘアケアが、実は、髪に負担をかけているだけの可能性も。正しい髪の洗い方を再確認して、ダメージヘアを予防&対策しましょう!
ダメージヘアのお手入れ方法
毛先のダメージヘアに気付いたらすぐに対策を!
ダメージヘアは毛先から進行します。毛先だけだからと油断していると、取り返しのつかないことになりかねません。早めの対策を心掛けましょう。それでも、ダメージヘアは完璧に治ることはないので、しっかり「予防」することが大切です。
ダメージヘアに大切なのは水分補給だった!!
ダメージヘアの改善に水分補給は非常に効果的です。適切なタイミングで水分補給を行うだけで、傷んだ髪は本来のツヤを取り戻すことができます。水分を補給するだけでダメージヘアが治るはずがない、と思っている方こそ試してみましょう。
ドライヘアとダメージヘアの違い
ドライヘアとダメージヘアはどちらも傷んだ髪のこと。この二つに大きな違いはありませんが、ドライヘアは乾燥して傷んだ髪のことで、ダメージヘアは傷んだ髪のことを総称して言います。つまり、ダメージヘアを改善すればドライヘアも改善するんです。
髪の毛を傷めない寝方&ダメージヘアの人が寝るときの注意点
シリコンはダメージを与える?!
ダメージヘアの正しいブラッシング方法
ダメージヘア改善に欠かせないのが、「ブラッシング」。正しい方法でブラッシングすれば、おそらくあなたが思っている以上の効果を発揮します。毎日やることですから、洗髪やドライヤーと同様に徹底して行いましょう!