ダメージヘア シリコンシャンプー

シリコンはダメージを与える?!

ノンシリコンシャンプーブームがやってきた時、シリコンシャンプーがは良くないという情報が沢山流れました。そもそもの発信元はそういうつもりで言ったのではないでしょうが、回りに回ってそう捉えられても仕方ない状況にあったのは事実です。実際、シリコンが悪いかというとそんなことはありません。シリコンは医療業界でもよく使われている成分で、体内にシリコンが入っている人も沢山います。確かに、「作られた成分」ではありますが、作られた成分の中で体に害がないものであるといえます。

 

シリコンは油からできた成分で熱や寒さ、電気などの外的要因から強く変質しにくい物質です。このシリコンを利用したシャンプーの特徴は、髪の毛をコーティングしてくれることにあります。髪の毛はキューティクルという独自の成分でコーティングされていますが、非常に外的要因から弱く痛みやすいです。これが多くの人のダメージヘアの原因にもなっています。シリコンシャンプーを使うとこのキューティクルの上から更なるコーティングをして髪の毛を保護し、サラサラになります。また、枝毛をくっつけ補修してくれる役割もあります。その為、髪の毛を保護できるのでドライヘアやダメージヘアの人にも効果を表すことができます。

 

こんなに良い成分なのに、シリコンが嫌がられる理由はなぜか。それは「作られた」成分であることと、油分がカラーリングやパーマの効果の維持を妨げてしまうからです。確かに「作られた」成分ですが、体に害はありません。そもそも体に良い天然ものを使うのが良いのでしょうが、手間や費用がかかります。そうなってくれば、次の選択肢は体に害がない作られたものになります。また、カラーやパーマを繰り返している人は別のケアをしなければ、その効果の持続がシリコンによって妨げられてしまいます。

 

シリコンシャンプーを使う際の注意点は、上記のようなデメリットを受け入れられるかと流し残しがないようにすることです。シリコンは害がない成分ですが、流し残しがあると毛穴を詰まらせてしまう原因にもなりかねます。正しい方法を行えば問題がないシャンプーです。