ダメージヘアの予防と改善

ダメージヘアの予防&改善対策 | ダメージヘアの補修ガイド記事一覧

ダメージヘアが気になる人にとっては、ヘアケアが非常に重要視されます。その中でも1番身近で取り入れやすいものがシャンプーの存在です。シャンプーでダメージヘアを補修する場合、そもそもの方法を見直す必要があるのと同時に使用しているシャンプーの成分を気に掛ける必要があります。シャンプーの正しい方法を知ってますか。基本的には、ブラッシング、地肌からしっかり濡らす、毛先の水を切る、手のひらでシャンプー剤を泡立...

トリートメントは、多くの人がシャンプーの次に行うものではないでしょうか。そして、これはダメージヘアを補修することに適しているものだといえます。そもそもシャンプーのあとは何をしますか。トリートメントやリンスの違いがわからないという人もいるかもしれません。簡単に説明をしておくと、リンスとは髪の毛の表面を覆い保護するもので、トリートメントは髪の内側を補修するものです。ダメージが全くない髪の毛であれば、リ...

コンディショナーはインバストリートメントの中で、何よりも最後につけるケア剤です。コンディショナーは、外側をコーティングして髪の毛の内部に成分を閉じ込めるというもの。もし、あなたがトリートメントの前にコンディショナーを使っているとすれば、髪の毛をきっちりコーティングをしてしまいトリートメントの良い成分が内側にまで浸透していない可能性があるので注意が必要です。コンディショナーのそもそもの役割は、シャン...

ダメージヘアを作りださないためにl日々のケアは非常に重要です。しかしながら、市場には多くの商品が溢れかえっていてどんな製品を選んだらいいか迷いますよね。自分がどういった原因でダメージが起こっているかがわかれば、その原因に直接アプローチできる製品を選ぶことができます。しかし大体の場合、自分で原因を特定することは難しいですよね。そのため、万能タイプの商品を選んでしまいがちです。万能タイプが問題なわけで...

ダメージヘアを作らないために自分で対策をするには、徹底的に髪のダメージの原因になるものを排除するしかありません。紫外線や乾燥、摩擦などがそれです。しかしながら、オゾン層が破壊され環境も変化しているし、髪を傷めるかもしれないとわかっていても、やっぱり女性だから見た目にはこだわりたいもの。その為いくら徹底的に排除しているつもりでも完全にそういった原因とサヨナラはできないでしょう。そうなってくるとやはり...

トリートメントの効果は、髪の毛の内部に栄養や必要な成分を浸透させ、外側だけでなく内側を補修することです。しかし、昨今話題の洗い流さないタイプ、つまりアウトバスタイプと呼ばれるものはそれに加えて髪の毛の外側を保護する役割があります。髪の毛が濡れた状態はキューティクルが非常に柔らかく傷つきやすい状態です。その状態でタオルでこすったり、ドライヤーなどの熱を与えるとダメージヘアの原因となります。そういった...

傷んだ髪は元には戻りません髪の毛の成分は80〜90%がたんぱく質。そして、爪と同じで生えたら生えっぱなしです。根元がどんどん伸びていくだけなので、肌と違って、一度ついた傷が回復することはありません。つまり、ダメージヘアを完璧に修復することはできないんです。ダメージヘアを治すためにできるのは、「次に生えてくる髪」のためにしっかりケアすること。今後生え変わる髪のことを考えた対策を徹底することで、将来的...

美容室のトリートメントって結構高いですよね。お財布事情によってトリートメントのランクを調整する人も少なくないそうです。美容室で高いお金を払ってでもトリートメントを行う理由は、相手がプロであるからでしょう。プロが髪の毛を確認して、今の状態に合ったトリートメントを選んでくれます。また、カラーリングやパーマなどの施術を行った際には、その効果がなるべく長く持つように、痛まないように、トリートメントをチョイ...

ヘアパックやヘアマスクというケア用品が市販されていますが、こういった製品を正しく使用することでダメージヘアのケアにつなげる事ができます。ヘアパックやヘアマスクはお風呂の中で行うインバストリートメントの一種です。これは特に髪の毛が痛み、ダメージが目立っているときのスペシャルケアとして利用します。基本的には週に1度のスペシャルケアとしての利用を促しているメーカーが多いようです。使用方法は簡単です。メー...

自宅で自分で行うことができるホームケアの取り入れ方によって、そのダメージ具合や持続具合が変わってきます。美容院に行く頻度は2か月に1度程度が平均値なので、その間キレイに維持することが美髪への近道であるといえます。美容院で行った施術が、施術した通りのキレイさで持続するのは約2週間だといわれています。その他の期間はいかにホームケアを行うかで美髪を保ちダメージヘアを防げるかどうかが変わってきます。ホーム...

ダメージヘアは一度なってしまうと、自己再生能力のない髪の毛はトリートメントなどの薬剤に頼るか切ってしまうしか改善ができません。トリートメントなどを利用しても、髪の毛の中身が空洞になってしまうほど傷んでいると、いろいろなことを駆使しても改善できないかもしれません。このように、髪の毛は一度ダメージがついてしまうと改善するのに非常に労力を使うし、なかなか伸ばすことができず苦労します。そのため、キレイな状...