ダメージヘア 成分 悪影響

ダメージヘアに悪影響を与える成分

ダメージヘアを作りださないためにl日々のケアは非常に重要です。しかしながら、市場には多くの商品が溢れかえっていてどんな製品を選んだらいいか迷いますよね。自分がどういった原因でダメージが起こっているかがわかれば、その原因に直接アプローチできる製品を選ぶことができます。しかし大体の場合、自分で原因を特定することは難しいですよね。そのため、万能タイプの商品を選んでしまいがちです。万能タイプが問題なわけではないですが、中には悪影響を与える成分を含んでいる商品もあるので注意が必要です。

 

ヘアケア用品を購入する際に、成分表示を確認したことがありますか。今後購入する時は是非確認するようにしてみてください。危険な成分は、ラウリル硫酸。石油系合成界面活性剤のひとつです。この成分の特徴は、洗浄力が強すぎることです。強いならいいじゃない、と思うかもしれませんが、頭皮や髪の毛が必要な成分までも取り除いてしまうのです。髪の毛は一定量の水分や油分が必要です。そういったものまで失われた髪の毛はダメージやトラブルの原因となってしまいます。

 

特に、今の女性の多くはカラーリングやパーマなど何らかの施術をしている場合が多くあります。ダメージヘアの人も増えてきました。そういった人たちの髪の毛の特徴は髪の表面のキューティクルがはがれていること。そんな状態で洗浄力の強いシャンプーを使えば、髪の毛の内部の必要な成分までも取り除いてしまいます。言うまでもなく、これがどんどん栄養がないダメージばかりの髪の毛に近づいてしまう原因です。

 

それだけでなく、ラウリル硫酸は強い洗浄力を隠すため、これまた強いコーティング剤を含んでいる場合が多くあります。これは、必要なものまでをとりさった状態でコーティングをしてしまい、トリートメントなどの髪に良い成分の浸透を妨げてしまう可能性があります。

 

このような症状を防ぐ為にもケア用品を購入する際は成分表示を確認するようにしましょう。

ダメージヘアに悪影響を与える成分関連ページ

ダメージヘアを防ぐシャンプーの方法
ダメージヘアを補修するトリートメント選び
トリートメントで改善されるのは、見た目と肌ざわりだけ。ダメージヘアは外側からだけのケアでは、絶対に補修されないのです。トリートメントは質の高いものを選びつつも、生活習慣を改善して、内側からもヘアケアを徹底しましょう。
コンディショナーではダメージヘアは補修できない!?
ダメージヘアの補修にコンディショナーは欠かせません。と、言いたいところですが、コンディショナーだけでは、非常に効果が薄くなってしまいます。ダメージヘアにはコンディショナーだけでなくトリートメントも併用する必要があるのです。
自分でできるダメージヘアの対策
ダメージヘアに洗い流さないトリートメントは逆効果!?
ダメージヘアを改善したいと思うほど、ヘアケアアイテムに頼りがちです。特に、洗い流さないトリートメントは使いたくなってしまいますよね?でも実は、ダメージヘア改善のためにヘアケアしすぎるのも逆効果なんです!
ダメージヘアを治す方法って?【髪を守るための豆知識】
ダメージヘアを完璧に元通りにすることは決してできません。でも、長い目で見れば、少しずつ治す方法はあります。髪は日常の些細なことでも傷むので、なかなか改善が難しいですが、根気よくケアしましょう!ダメージヘアを治す方法を分かりやすく解説。
ダメージヘアにはやっぱり美容室でのケアも重要!?
ダメージヘア改善のためにヘアパックはするべきではない!?
ヘアパックはダメージヘア改善に効果的です。普段のヘアケアに積極的に取り入れるべきでしょう。でも、ヘアパックって実は、トリートメントとほぼ同じ効果でしかないんですよね…。ダメージヘア対策するなら、まずはトリートメントを見直しましょう。
ダメージヘアの改善はホームケアで9割決まる!
ダメージヘアを改善するにはホームケアが何よりも大事。美容室での施術効果はせいぜい2週間しか持ちませんから、あとはすべて自分でやらないといけないのです。しっかりとホームケアを継続できれば、ダメージのないツヤ髪を取り戻すことができます。
ダメージヘアを予防するためには