ダメージヘア トリートメント 洗い流さない

洗い流さないトリートメントでケアする方法

トリートメントの効果は、髪の毛の内部に栄養や必要な成分を浸透させ、外側だけでなく内側を補修することです。しかし、昨今話題の洗い流さないタイプ、つまりアウトバスタイプと呼ばれるものはそれに加えて髪の毛の外側を保護する役割があります。

 

髪の毛が濡れた状態はキューティクルが非常に柔らかく傷つきやすい状態です。その状態でタオルでこすったり、ドライヤーなどの熱を与えるとダメージヘアの原因となります。そういった髪の毛に栄養を与えながら外側を保護して、日々のケアにおいてキューティクルが傷つかないようにする役割があります。その為、最も基本的なつけ方はお風呂上がり後にすぐ、丁寧にポンポンとたたくようにタオルドライをした後ドライヤーをする前ということになります。ブラッシングもこのアウトバストリートメントの後にするようにしましょう。

 

また、洗い流さないタイプのトリートメントはお風呂上がりだけでなく、日常的に使うことができます。例えば紫外線に当たり続けたり冷房や暖房が効いている部屋に長時間いて乾燥してしまった時や髪のセットを治す前やコテなどを使用する前、就寝前などに使うことができます。乾燥が気になる場合、水分と油分を補給することができますし、髪の毛を触る前や就寝前で枕などと髪の毛が多くこすれる前に使用することで髪の毛を保護する役割も果たします。ただし、オイルタイプの洗い流さないトリートメントは非常にしっとりして潤いを与える事ができますが、髪は若干の重みをもちます。その為、コテでカールさせたりする場合はカールが伸びやすくなってしまうので要注意です。

 

肝心の洗い流さないトリートメントの付け方は、頭皮ではなく毛先を中心につけるようにしましょう。自分の毛の下から半分くらいをつけるイメージです。つける量はその製品の目安量を参考にし、濡れた髪には少し多めにつけるようにしましょう。効果が出そうだからとつけすぎるのは、逆に油分が多くなりすぎ髪の毛に悪影響を与える可能性があるので注意が必要です。

洗い流さないトリートメントでケアする方法関連ページ

ダメージヘアを防ぐシャンプーの方法
ダメージヘアを改善できる?!トリートメントの力
ダメージヘアを補修できる?コンディショナーの効果
ダメージヘアに悪影響を与える成分
自分でできるダメージヘアの対策
ダメージヘアを治す方法って?【髪を守るための豆知識】
ダメージヘアを完璧に元通りにすることは決してできません。でも、長い目で見れば、少しずつ治す方法はあります。髪は日常の些細なことでも傷むので、なかなか改善が難しいですが、根気よくケアしましょう!ダメージヘアを治す方法を分かりやすく解説。
ダメージヘアにはやっぱり美容室でのケアも重要!?
セルフヘアパックで髪のダメージを防ごう
ダメージヘアを防ぐホームケアの重要性
ダメージヘアを予防するためには