ダメージヘア ヘアパック

セルフヘアパックでダメージを防ごう

ヘアパックやヘアマスクというケア用品が市販されていますが、こういった製品を正しく使用することでダメージヘアのケアにつなげる事ができます。ヘアパックやヘアマスクはお風呂の中で行うインバストリートメントの一種です。これは特に髪の毛が痛み、ダメージが目立っているときのスペシャルケアとして利用します。基本的には週に1度のスペシャルケアとしての利用を促しているメーカーが多いようです。

 

使用方法は簡単です。メーカーによって細かい部分は異なりますが、基本的にはシャンプー後にトリートメントの代わりに使用します。その際に、ヘアパックの成分が流れ出ないように水気をしっかりとり髪の毛でもみこむようにヘアパック剤をつけます。そして、そのまましばらく放置します。メーカーによって時間は異なります。メーカーが推奨する使用方法にはただ放置、と書いてある場合がほとんどですが、蒸しタオルやラップで髪の毛を覆うことで浸透力を高める方法があります。蒸しタオルには、その蒸気によってキューティクルを柔らかくし成分を溶け込みやすくする効果があるし、ラップはカラー剤などを浸透させる際にも使うようにラップで閉じ込めることで浸透力を高める効果があります。

 

その後洗い流します。もし普段からリンスやコンディショナーを使っているようであれば、ヘアパックの後にそれらを使います。リンスやコンディショナーは髪の毛の外側をコーティングして保護する役割があるのでヘアパックの後に使うようにしましょう。もちろん、普段使っていない人は使わなくても問題ありません。

 

このように、市販のヘアパック剤を使ったケア方法のほかに、持ち合わせているオイルを使ったパック方法もあります。方法は、シャンプー前に髪の毛にオイルをつけ放置、その後普段通りシャンプーとトリートメントを行います。そうすることで髪の毛が柔らかくなりツヤを取り戻すことができます。

 

ヘアパックの方法もいろいろなものがありますが、ダメージヘアをケアしたり、これ以上痛ませないようにするために定期的に取り入れましょう。