ダメージヘア ホームケア

ダメージヘアの改善はホームケアで9割決まる!

ホームケアは洗髪方法から

ダメージヘアの改善にはホームケアが何よりも大切!

 

普段のホームケア、どのくらいこだわってやってますか?

 

美容室に行くのは年に10回くらい。でも、ホームケアは年に365回しないといけません。
美容室にまかせっきりでは、ダメージヘアは改善されないのです。

 

ダメージヘアは、日常生活でのダメージの積み重ねが原因。
ホームケアも毎日積み重ねて、日々のダメージに対抗しましょう!

 

ダメージヘアの改善には、適切なホームケアをどれだけ継続できるかにかかっています。

 

『正しい髪の洗い方』

髪の洗い方
ホームケアの要となるのが洗髪です。
髪の毛は性質上、濡れた状態が一番傷みやすくなっています。だからこそ、毎日のお風呂でのケアは特に徹底して行いましょう。

  • 洗髪は「1日1回」「夜」に行う
  • 洗髪前にブラッシングする
  • 洗髪前も洗髪後もぬるま湯で入念にすすぎを行う
  • アミノ酸系シャンプーを使う
  • 爪を立てずに指の腹で頭皮を揉みほぐすように洗う
  • 必ずトリートメントで保湿する

より詳しい『正しい髪の洗い方』はこちらで解説しています
ダメージヘア予防&対策できる【正しい髪の洗い方】

『ドライヤーの正しい使い方』

ドライヤーの使い方

 

髪は濡れたままでは傷み続けます。お風呂上りはドライヤーでしっかり乾かしましょう。

  • まずはタオルで水気を取る
  • ゴシゴシせずにタオルに水分を含ませるように拭く
  • ドライヤーは髪から15cm以上離す
  • 根元から乾かしていく
  • ある程度乾いたら仕上げは冷風で行う
  • 生乾きには絶対にしない
『頭皮に負担をかけない髪型』にする

髪に負担をかけない髪型
髪を縛ったりまとめたりするヘアスタイルは、直接ダメージヘアへつながります。髪と頭皮に負担のかかるヘアアレンジは控えめにしましょう。

  • ポニーテールや編み込みはしない
  • エクステはしない
  • カラーやパーマもしない
  • ヘアアイロンは使わない
  • ヘアスタイリング剤を使わない
  • いつも同じ分け目にしない
  • 髪をかき上げない

より詳しい『頭皮に負担をかけない髪型』についてはこちらで解説しています
ダメージヘアは髪型でごまかさない!【髪を傷めないヘアケア】

紫外線対策は季節に関係なく徹底する

紫外線対策
実は、一年で紫外線の一番強い時期は5月。そのうえ、紫外線は冬でも曇りの日でも降り注いでいます。対策を夏の間だけしてもまったく足りないんです。
紫外線の与えるダメージが深刻なのは、肌だけではありません。
髪の毛も日焼けします。

  • 髪にはUVカットスプレーを使う
  • 帽子やサングラスを活用する
  • 日傘も使う
  • なるべく日差しの強い時間帯は外に出ない
  • 外出後はより丁寧に洗髪する
水分補給は欠かさず行う

水分補給
水分が不足すると人の体にはさまざまな悪影響が出ます。ダメージヘアもそのうちの一つ。
体の水分量が常に適正に保たれていれば、新陳代謝が活発になり、髪のパサつきうねり(ダメージヘア)を予防できるのです。

  • 朝、目が覚めたらコップ一杯の水を飲む
  • 入浴後もコップ一杯の水を
  • 夜、眠る前もコップ一杯の水を
  • 日中は定期的に補給する
  • 喉が渇いたと感じる前に飲む
  • 水は飲めば飲むほど効果的
  • ただし、一度には飲み過ぎない

水分補給とダメージヘアの関係についてはこちらで詳しく解説しています
水分補給はダメージヘアの改善に欠かせない!?

生活習慣を見直す

生活習慣
健康は何よりも大事。体が不健康なのに髪はキレイ、なんてことには絶対になりません。生活習慣を改善して、髪も体も元気にしましょう。

【睡眠】

  • 睡眠不足は避ける
  • 就寝時間と起床時間は毎日同じくらいにする
  • 6時間〜8時間は睡眠時間を確保する
  • 寝る前1時間はスマホやパソコンの画面を見ない

【食事】

  • 脂ものや甘いものは控える
  • ミネラルを重点的に摂取する

    (わかめや昆布、ひじきなどの海藻類が良い)

  • たんぱく質も意識して摂取する

    (納豆や豆腐、豆乳など大豆製品が最適)

  • ビタミンも重要

    (野菜を多めに食べる。不足分はサプリメントでもOK)

  • 腹八分目を心掛ける(食べ過ぎない)

ダメージヘアに効果的な食べ物についてはこちらで詳しく紹介しています
ダメージヘアの改善に効果的な食べ物とは?

【運動】

  • 週1、2回くらい適度な運動を行う
  • ストレス解消にもなるジョギングがオススメ
  • 筋力トレーニングも効果的
  • 焦らずゆっくり自分のペースでやる
  • 継続することが何よりも大事
  • 目標を持って行う

 

ホームケアでダメージないツヤ髪に!

 

自身の体について一番詳しいのは、やっぱり自分でなくてはなりません。
美容師さんが詳しいのはあくまで髪のことだけ。ましてや、個人個人の体の状態なんてはっきり分かるはずがないのです。

 

ですから、ダメージヘアを改善するためには、ヘアケアを徹底するのはもちろん、ボディケアも徹底する必要があります。

 

髪の健康と体の健康は密接に関係しているもの。
ホームケアは髪のことだけでなく、体のことも気遣ってあげるのが、もっとも効果的な方法です。

 

ホームケアを継続して、ダメージないツヤ髪を取り戻しましょう!

 

ホームケアに欠かせないアミノ酸系シャンプーはこちら

『リマーユ』

>>アミノ酸系シャンプー『リマーユ』<<

ダメージヘアの改善はホームケアで9割決まる!関連ページ

ダメージヘアを防ぐシャンプーの方法
ダメージヘアを補修するトリートメント選び
トリートメントで改善されるのは、見た目と肌ざわりだけ。ダメージヘアは外側からだけのケアでは、絶対に補修されないのです。トリートメントは質の高いものを選びつつも、生活習慣を改善して、内側からもヘアケアを徹底しましょう。
コンディショナーではダメージヘアは補修できない!?
ダメージヘアの補修にコンディショナーは欠かせません。と、言いたいところですが、コンディショナーだけでは、非常に効果が薄くなってしまいます。ダメージヘアにはコンディショナーだけでなくトリートメントも併用する必要があるのです。
ダメージヘアに悪影響を与える成分
自分でできるダメージヘアの対策
ダメージヘアに洗い流さないトリートメントは逆効果!?
ダメージヘアを改善したいと思うほど、ヘアケアアイテムに頼りがちです。特に、洗い流さないトリートメントは使いたくなってしまいますよね?でも実は、ダメージヘア改善のためにヘアケアしすぎるのも逆効果なんです!
ダメージヘアを治す方法って?【髪を守るための豆知識】
ダメージヘアを完璧に元通りにすることは決してできません。でも、長い目で見れば、少しずつ治す方法はあります。髪は日常の些細なことでも傷むので、なかなか改善が難しいですが、根気よくケアしましょう!ダメージヘアを治す方法を分かりやすく解説。
ダメージヘアにはやっぱり美容室でのケアも重要!?
ダメージヘア改善のためにヘアパックはするべきではない!?
ヘアパックはダメージヘア改善に効果的です。普段のヘアケアに積極的に取り入れるべきでしょう。でも、ヘアパックって実は、トリートメントとほぼ同じ効果でしかないんですよね…。ダメージヘア対策するなら、まずはトリートメントを見直しましょう。
ダメージヘアを予防するためには