ダメージヘア コンディショナー 補修

ダメージヘアを補修できる?コンディショナーの効果

コンディショナーはインバストリートメントの中で、何よりも最後につけるケア剤です。コンディショナーは、外側をコーティングして髪の毛の内部に成分を閉じ込めるというもの。もし、あなたがトリートメントの前にコンディショナーを使っているとすれば、髪の毛をきっちりコーティングをしてしまいトリートメントの良い成分が内側にまで浸透していない可能性があるので注意が必要です。

 

コンディショナーのそもそもの役割は、シャンプーが基本的に汚れを落とすためにアルカリ性なのですがアルカリ性は頭皮にとってあまりよくありません。その為、コンディショナーが頭皮を弱酸性に戻して頭皮にとって健康な状態に戻してくれるのです。コンディショナーは頭皮の健康を維持するために重要な役割を果たします。それだけでなく、髪の毛をコーティングしてくれます。ダメージヘアの人は、これ以上ダメージを与えないように補修してくれるので、ダメージヘアの人もサラサラでハリがある髪の毛になることができます。

 

しかしながら、そんな有能と思われるコンディショナーにもデメリットがあります。それはその成分です。髪の毛は、毛根からめきめきとのびてきますが、中には毛根をつまらせてしまったり髪の毛や頭皮に強い刺激を与えてしまう成分もあります。現在、ノンシリコンシャンプーという言葉が流行っていますがこれはその名の通り、シリコン、つまりコーティング剤が入っていないシャンプーを指します。シリコンは正しいシャンプーの仕方をしなければ毛根につまりやすいと考えられています。しかしながら市販のノンシリコンシャンプーにセットでついてくるコンディショナーにはシリコンが使われていたりするのです。シリコンが悪いというわけではなく、洗い残しは十分な洗浄ができていない場合につまりが起こるのですが、こういった化学的、人工的な物質はやはり体に長期間付着すると悪影響をもたらしてしまうわけです。その為、コンディショナーでダメージヘアのケアを考えている場合は、天然成分を使っているものをチョイスすべきでしょう。

ダメージヘアを補修できる?コンディショナーの効果関連ページ

ダメージヘアを防ぐシャンプーの方法
ダメージヘアを改善できる?!トリートメントの力
ダメージヘアに悪影響を与える成分
自分でできるダメージヘアの対策
洗い流さないトリートメントでケアする方法
ダメージヘアを治す方法って?【髪を守るための豆知識】
ダメージヘアを完璧に元通りにすることは決してできません。でも、長い目で見れば、少しずつ治す方法はあります。髪は日常の些細なことでも傷むので、なかなか改善が難しいですが、根気よくケアしましょう!ダメージヘアを治す方法を分かりやすく解説。
ダメージヘアにはやっぱり美容室でのケアも重要!?
セルフヘアパックで髪のダメージを防ごう
ダメージヘアを防ぐホームケアの重要性
ダメージヘアを予防するためには