ダメージヘア シャンプー 補修

ダメージヘアを防ぐシャンプーの方法

ダメージヘアが気になる人にとっては、ヘアケアが非常に重要視されます。その中でも1番身近で取り入れやすいものがシャンプーの存在です。シャンプーでダメージヘアを補修する場合、そもそもの方法を見直す必要があるのと同時に使用しているシャンプーの成分を気に掛ける必要があります。

 

シャンプーの正しい方法を知ってますか。基本的には、ブラッシング、地肌からしっかり濡らす、毛先の水を切る、手のひらでシャンプー剤を泡立てる、泡で頭皮をマッサージする、しっかりとすすぐの6ステップです。髪の毛の汚れは基本的には、ブラッシングとすすぎの最初の2ステップで8割程度は落ちます。そのためこの2ステップは非常に重要な役割を果たします。また、そもそもシャンプーの役割は頭皮の汚れを取ることです。泡立てずに使ったり、髪の毛を強くゴシゴシするとキューティクルが痛む原因となり髪の毛を痛めるシャンプーをしてしまうことになります。

 

次にシャンプーの成分です。使ってはいけないシャンプー剤の成分は、石油系合成界面活性剤で「ラウリル」や「硫酸」というワードが入っているものです。これらは非常に洗浄力が強く、髪の毛に必要な成分までも除去してしまう可能性があるだけでなく、トリートメント剤やカラー剤、パーマ剤なども効果も早くなくなってしまいます。シャンプーは最初のすすぎだけである程度の汚れがとれるので強烈な洗浄力は必要ないのです。

 

では、逆に髪に良い成分は何なのか。どんどん成分の開発や研究が進んでいますが、現段階ではアミノ酸系やベタイン系が良いとされています。製品の配合成分を比較するとこういった成分が含まれるものを見つけることができるはずです。これらは洗浄力も強すぎず、髪に優しく、ヘアケア効果がある成分を含んでいます。既にダメージがある髪の毛を清潔にしながら補修できる効果があります。ただし、こういった成分を含むシャンプーは泡立ちにくい可能性があります。