ダメージヘア シャンプー 補修

ダメージヘアを防ぐシャンプーの方法

ダメージヘアが気になる人にとっては、ヘアケアが非常に重要視されます。その中でも1番身近で取り入れやすいものがシャンプーの存在です。シャンプーでダメージヘアを補修する場合、そもそもの方法を見直す必要があるのと同時に使用しているシャンプーの成分を気に掛ける必要があります。

 

シャンプーの正しい方法を知ってますか。基本的には、ブラッシング、地肌からしっかり濡らす、毛先の水を切る、手のひらでシャンプー剤を泡立てる、泡で頭皮をマッサージする、しっかりとすすぐの6ステップです。髪の毛の汚れは基本的には、ブラッシングとすすぎの最初の2ステップで8割程度は落ちます。そのためこの2ステップは非常に重要な役割を果たします。また、そもそもシャンプーの役割は頭皮の汚れを取ることです。泡立てずに使ったり、髪の毛を強くゴシゴシするとキューティクルが痛む原因となり髪の毛を痛めるシャンプーをしてしまうことになります。

 

次にシャンプーの成分です。使ってはいけないシャンプー剤の成分は、石油系合成界面活性剤で「ラウリル」や「硫酸」というワードが入っているものです。これらは非常に洗浄力が強く、髪の毛に必要な成分までも除去してしまう可能性があるだけでなく、トリートメント剤やカラー剤、パーマ剤なども効果も早くなくなってしまいます。シャンプーは最初のすすぎだけである程度の汚れがとれるので強烈な洗浄力は必要ないのです。

 

では、逆に髪に良い成分は何なのか。どんどん成分の開発や研究が進んでいますが、現段階ではアミノ酸系やベタイン系が良いとされています。製品の配合成分を比較するとこういった成分が含まれるものを見つけることができるはずです。これらは洗浄力も強すぎず、髪に優しく、ヘアケア効果がある成分を含んでいます。既にダメージがある髪の毛を清潔にしながら補修できる効果があります。ただし、こういった成分を含むシャンプーは泡立ちにくい可能性があります。

ダメージヘアを防ぐシャンプーの方法関連ページ

ダメージヘアを補修するトリートメント選び
トリートメントで改善されるのは、見た目と肌ざわりだけ。ダメージヘアは外側からだけのケアでは、絶対に補修されないのです。トリートメントは質の高いものを選びつつも、生活習慣を改善して、内側からもヘアケアを徹底しましょう。
コンディショナーではダメージヘアは補修できない!?
ダメージヘアの補修にコンディショナーは欠かせません。と、言いたいところですが、コンディショナーだけでは、非常に効果が薄くなってしまいます。ダメージヘアにはコンディショナーだけでなくトリートメントも併用する必要があるのです。
ダメージヘアに悪影響を与える成分
自分でできるダメージヘアの対策
ダメージヘアに洗い流さないトリートメントは逆効果!?
ダメージヘアを改善したいと思うほど、ヘアケアアイテムに頼りがちです。特に、洗い流さないトリートメントは使いたくなってしまいますよね?でも実は、ダメージヘア改善のためにヘアケアしすぎるのも逆効果なんです!
ダメージヘアを治す方法って?【髪を守るための豆知識】
ダメージヘアを完璧に元通りにすることは決してできません。でも、長い目で見れば、少しずつ治す方法はあります。髪は日常の些細なことでも傷むので、なかなか改善が難しいですが、根気よくケアしましょう!ダメージヘアを治す方法を分かりやすく解説。
ダメージヘアにはやっぱり美容室でのケアも重要!?
ダメージヘア改善のためにヘアパックはするべきではない!?
ヘアパックはダメージヘア改善に効果的です。普段のヘアケアに積極的に取り入れるべきでしょう。でも、ヘアパックって実は、トリートメントとほぼ同じ効果でしかないんですよね…。ダメージヘア対策するなら、まずはトリートメントを見直しましょう。
ダメージヘアの改善はホームケアで9割決まる!
ダメージヘアを改善するにはホームケアが何よりも大事。美容室での施術効果はせいぜい2週間しか持ちませんから、あとはすべて自分でやらないといけないのです。しっかりとホームケアを継続できれば、ダメージのないツヤ髪を取り戻すことができます。
ダメージヘアを予防するためには