ダメージヘア 対策 自分で

自分でできるダメージヘアの対策

ダメージヘアを作らないために自分で対策をするには、徹底的に髪のダメージの原因になるものを排除するしかありません。紫外線や乾燥、摩擦などがそれです。しかしながら、オゾン層が破壊され環境も変化しているし、髪を傷めるかもしれないとわかっていても、やっぱり女性だから見た目にはこだわりたいもの。その為いくら徹底的に排除しているつもりでも完全にそういった原因とサヨナラはできないでしょう。

 

そうなってくるとやはり毎日のケアが重要になってきます。髪の毛の成分は人間の成分とよく似ています。たんぱく質やアミノ酸、水分などです。違うところは人間には壊れても再生する自然治癒力がありますが、髪の毛には自己再生能力がないくらいです。ただし、人間でもキャパオーバーの刺激や悪いウイルスなどがやってきたら打ち勝つことができずに病気になりますよね。髪の毛も同じです。長時間紫外線を浴び続けたり、強い薬剤を使ったカラーリングやパーマなどを繰り返していると病気になってしまうのです。そこからが人間と違って再生しないのです。

 

人間でも病気になるような強い“刺激”を髪の毛に与える際には、そうならないように適切な“薬”をあげなくてはなりません。また、事前に病気にならないように“薬”でケアをしたり、生活習慣を整えたりしなくてはなりません。その“薬”がシャンプーやトリートメントなどのケア用品です。もちろんこれらは“薬”なので合わないものを使うと髪の毛の色が退色しやすくなったり、余計痛んでしまうなどの可能性があるので合うものを選びましょう。

 

その対策方法は、自分に合ったシャンプーやトリートメントを適切な方法で、適切な時に、適切な量を使うことです。特に痛んでいない髪にとっては、こういったケア用品をつけすぎることがダメージの原因になることもあります。特に髪が濡れている状態であるお風呂でのケアは重要で、成分も吸収しやすい反面、髪の毛も非常に柔らかく痛みやすいので注意が必要です。適切な使用方法でダメージヘアを防ぎましょう。

自分でできるダメージヘアの対策関連ページ

ダメージヘアを防ぐシャンプーの方法
ダメージヘアを改善できる?!トリートメントの力
ダメージヘアを補修できる?コンディショナーの効果
ダメージヘアに悪影響を与える成分
洗い流さないトリートメントでケアする方法
ダメージヘアを治す方法って?【髪を守るための豆知識】
ダメージヘアを完璧に元通りにすることは決してできません。でも、長い目で見れば、少しずつ治す方法はあります。髪は日常の些細なことでも傷むので、なかなか改善が難しいですが、根気よくケアしましょう!ダメージヘアを治す方法を分かりやすく解説。
ダメージヘアにはやっぱり美容室でのケアも重要!?
セルフヘアパックで髪のダメージを防ごう
ダメージヘアを防ぐホームケアの重要性
ダメージヘアを予防するためには