ダメージヘア 治す方法

ダメージヘアを治す方法はあるのか?!

ダメージヘアはどうやったら治るのでしょうか。髪には自己再生能力がないため、髪の毛をすぐに治す方法はありません。自分で生まれ変わることができないからです。

 

髪の毛は、一度痛んでしまうと元に戻ることができません。一度ダメージを受けると、トリートメントなどでごまかすことができても本質的に健康な髪の毛にはならないのです。しかしながら、トリートメントを使ってごまかすことも“治す”方法の一つでしょう。完治するわけではないですが、生活できます。病気やけがでも完治はしないが、日常生活を行うことができる場合がありますよね。それと同じです。現在は数多くのトリートメントが開発、販売されています。自分が望む髪質に近づくトリートメントは見つけることができるでしょう。ただ、どんなにトリートメントで頑張っても、何度も言うとおり完全に健康な状態まで回復することは至難の業です。

 

ダメージヘアを完全に治すとすれば、また丁寧に伸ばし始めるのが1番です。十分に健康をとっていて毛根や頭皮にトラブルさえなければ健康な髪の毛が生えてきます。しかし、髪の毛を剃ってしまって1から生やすことは多くの女性にとって挑戦できないことですね。その為、痛んでいるところから少し上まで切ってしまえばいいのです。健康な髪の毛は根本から健康な毛がはえて伸びていくので、ダメージを与えない限り痛む事はありません。

 

またダメージを与えずに伸ばすには、十分なケアをする必要があります。紫外線や乾燥に気を付ける、食生活に気を付ける、睡眠を十分とるなど髪に良い生活習慣を身に付けるのはもちろんのこと、トリートメント剤やシャンプーにも気を遣う必要があります。カラーやパーマをせずに外部から強制的に内部構造を変えていなければ、表面のケアのみをする製品に変更します。逆に内部構造を外部から変えていれば、そういったケアもしてくれるものに切り替える必要があります。というのも、こういった製品の使い過ぎも髪の毛には悪影響を与えるので使用は最低限にする必要があるからです。