ダメージヘア 予防

ダメージヘアを予防するためには

ダメージヘアは一度なってしまうと、自己再生能力のない髪の毛はトリートメントなどの薬剤に頼るか切ってしまうしか改善ができません。トリートメントなどを利用しても、髪の毛の中身が空洞になってしまうほど傷んでいると、いろいろなことを駆使しても改善できないかもしれません。このように、髪の毛は一度ダメージがついてしまうと改善するのに非常に労力を使うし、なかなか伸ばすことができず苦労します。そのため、キレイな状態の髪の毛に対してダメージを与えないように予防することが大切なのです。

 

ダメージの原因は環境によるものと、日常生活で発生させてしまうものと2種類あります。紫外線や乾燥などの環境によるものは、帽子や日焼け止め、ミストなどで水分補給、加湿器などで防ぐことになりますが、どうしても周囲の環境の影響なので100%防ぐことは難しいかもしれません。紫外線や乾燥からは守らなければいけないことを意識しつつ、日常生活で発生させてしまうダメージの原因を排除するべきです。

 

日常生活で発生させてしまうべきダメージで、髪の毛を触るタイミングは全て注意が必要です。濡れている状態はキューティクルがデリケートになっていること、シャンプーはシャンプー液を付ける前のすすぎである程度の汚れがとれること、ドライヤーは10cm以上はなすこと、アウトバストリートメントは毛先を中心につけること、ブラッシングも毛先から行う事、注意すべき点は沢山あります。トリートメント剤などセルフケアがしやすくなるアイテムも使い、髪の毛がキレイな状態から油分と水分の潤いを保ち、タンパク質を中心としたバランスの良い食生活を送り髪の毛に十分な栄養を与える必要があります。

 

髪の毛が特に痛みやすい時が、濡れている時と熱を与える時です。大体の場合は、お風呂で髪の毛を触っている時とヘアセットをしている時です。この時に十分に熱から守り、丁寧に髪の毛を扱うだけで改善できるダメージもあるはずです。

ダメージヘアを予防するためには関連ページ

ダメージヘアを防ぐシャンプーの方法
ダメージヘアを改善できる?!トリートメントの力
ダメージヘアを補修できる?コンディショナーの効果
ダメージヘアに悪影響を与える成分
自分でできるダメージヘアの対策
洗い流さないトリートメントでケアする方法
ダメージヘアを治す方法って?【髪を守るための豆知識】
ダメージヘアを完璧に元通りにすることは決してできません。でも、長い目で見れば、少しずつ治す方法はあります。髪は日常の些細なことでも傷むので、なかなか改善が難しいですが、根気よくケアしましょう!ダメージヘアを治す方法を分かりやすく解説。
ダメージヘアにはやっぱり美容室でのケアも重要!?
セルフヘアパックで髪のダメージを防ごう
ダメージヘアを防ぐホームケアの重要性